HOME > ブログ

ブログ

運河に落下した猫を英国紳士が救出!

ロンドンシティ空港近くの、マリーナとテムズ川を結ぶ運河周辺で、港湾事務所の職員が世話をする地域猫・フィリックス。

 

ある日、フィリックスが友達の猫と追いかけっこをして遊んでいる(?)と、勢い余って運河に転落! 運河に転落する様子が、監視カメラにも撮影されていました。

 

ボチャンとしぶきを上げて落ちるフィリックス。追いかけっこをしていた猫はスタコラサッサと立ち去りますが、この模様を見ていた通りがかりの英国紳士はすかさず駆け寄ります。

 20190225124844-bff36ebf40fd55e4f42bf55e25dc0bfc68fbd326.jpg

自力で泳いで壁沿いのひもを伝って、少し這い上がってきたところに、かの紳士は身を乗り出して手を伸ばしてフィリックスをサルベージ。
 
トボトボした足取りで住まいと見られる港湾事務所っぽい建物の玄関に戻るフィリックス。
 
紳士はさもなにも無かったかのように、元来た道を後戻り。無事救出され、名も告げずに立ち去ったフィリックスなのでした。

 


 


「猛犬注意」の看板! どんな猛犬かと思ったら・・・・

Beware of the dog(犬注意)」の看板。20190225123940-964e99ea428a7806bdede0dde9a002dd17c42b07.png20190225123716-5036179ef815de8143e4198fb44aedc8484f6dd7.png

 

いったいどんな猛犬が潜んでいるのか・・・

と思いきや、出てきたのは →

 

可愛すぎ(笑)

 

癒される猛犬が出てきたのでした。


GWのうさぎホテル

GWのうさぎホテルのお知らせです!

2019年4月27日〜5月6日までは
うさぎホテルの料金はGW繁忙期割増料金となります。
詳しくは下記の『ゴールデンウィークのうさぎホテル利用の皆様』をご覧下さい。
☆初診の患者さんはお預かりできません。
6か月以上来院記録が無い方は、事前に健康チェック(診察)が必要ですcoldsweats01
☆7歳以上のうさぎさんは、シニア健診(血液検査・レントゲン検査)が必要となりますhospital
☆お預かり・お迎えは原則として診察時間内のみとなります。
☆爪が長い場合は引っかかり防止のため爪切りを行います。(有料)

penうさぎホテルGW利用の皆様
penライフスタイル.pdf
penホテル同意書.pdf

上記事項を確認していただき、ご来院またはお電話にてご予約ください。
(申し訳ありませんが、ホームページ上ではご予約が出来ませんcatface
ご来院の際には、ライフスタイル、ホテル同意書をプリントして頂き、
必要事項をご記入の上、ご持参ください。

受け入れ数に限りがありますので、お早めにご予約をお願い致します。

雪模様に仁王立ちのネコちゃんの写真

「ゆ~きやこんこん♪、あられや、こんこん♪」って歌のように、猫はこたつで丸くなって
いると思いきや。ある猫さんは違いました。
あまりの雪に、仁王立ち!動画『Cat Stands on Hind Legs in Snow』の一幕です。
 20190124120721-58d9d4ce63287007b6d127754f514e9fd895bf33.png
 
再生時間30秒ほどの動画ですが、キョロキョロしている姿に、キューンとしてしまう方も
多いのではないでしょうか?

ワンちゃんに、そっと添い寝するネコちゃん

糖尿病を患い、それが原因で目が見えなくなってしまったワンちゃん。20190124120517-5cbd698ae364f248a2856e6bc93749479a1da227.png
それをそっと添い寝するネコちゃんがいます。
 
実は、この2頭は、小さい頃から一緒に過ごしていたため、とても仲良しです。
 
ある日、ワンちゃんは糖尿病にかかり、目が見えなくなってしまいましたが、見えなくなる前と、ほとんど変わらない生活が出来ている模様。
 
なぜなら、ネコちゃんが一緒に遊んで、に食べて、そして一緒にお昼寝する。
 お昼寝するときはワンちゃんが不安にならないように、となりに座って体をグルーミングし、体をぎゅっとよせあって眠るようにしているんです。
 
 
二頭の絆の強さを感じる
エピソードですね。

ちがうよ~!犬に怒る猫の話

あるワンちゃんとネコちゃんの動画のやりとりが、20190124115328-0287a3aa6eed1a6718538894888e6436c3e07ab7.png

ちょっと話題に。

飼主様とワンちゃんとネコちゃんがソファーに座り、

ネコちゃんは飼主様から頭をなでなでされてご満悦

でした。

 

その様子をみてを似しようとワンちゃんが同じように

ネコちゃんをなでなで。

 

しかし、力加減が分からないのか、いつもと違う感触に

ネコちゃんが嫌な顔になってしまいました。

それでも、ワンちゃんは、

なでようとしたところ、

最後はネコちゃんもワンちゃんに

怒ってしましました。

 

動画は、YouTube

Pet the kitty | Funny Dog

 and Cat」で見られます。

ぜひ、ご覧ください。


うひょー! 初めて雪を見た猫ちゃん、舞い上がる(笑)

初めて目にする雪。
猫ちゃんの反応はというと、まずは冷たーい!と立ち上がりそのあとはすぐ、ホイホイと小さな雪を掻き集めつつ、ほわちゃー!!
まるで舞を踊っているかのように、小さなベランダをくるくる走り回る猫ちゃんなのでした。

20181227195013-147bda8656b5a3cf5ae891ab9879eddee9b60954.jpg 20181227195049-4787e3b5440466bf09c935a959efb41f847f9ad3.jpg 20181227195140-5537efebb788cd4b58063ea789ec6d6b331b3530.jpg 20181227195203-064938a46503131cf9d3cafcae040fb5519bfef5.jpg

犬もウソをつく?!

犬は人の1億倍まで感知できる嗅覚を持つといわれ、警察犬、空港の麻薬捜査犬、爆発物探知犬など、その優れた嗅覚で人間のお仕事を手伝ってきました。
ロシア・モスクワ市内にあるシェレメーチエヴォ国際空港でも、匂いで爆発物や有害物質を検出する探知犬がセキュリティ部門の一員として働いています。
 
しかし、従来の捜査方法の場合、犬は危険物や爆発物を見つけると「ごほうび」をもらえるのですが、「ごほうび」が欲しいあまりに、犬が「発見した」というウソのアピールをしてしまう場合もあるそうです。そのため、実質的な精度は60%程度にとどまってしまうとのこと。
 
そこで、航空安全局は新しい方法を考案しました。
それは、犬に「ウソ発見器を装着する」というもの。

ウソ発見器により、脳波や心電図など中枢神経系をモニターすることで容易に判別ができるそうです。また、人間と同様にバイタルサインからウソをついていることが分かることから、犬にも「罪悪感」が存在していることが示されました。

ウソ発見器を導入したことにより、危険物や爆弾物の検出精度が60%だったものが、100%に向上させたそうです。実際に約1000回に渡る実験を行ったところ、間違えたのはそのうちわずか8回だったそうです。
20181227194730-1cb322e47fab1e6422637a23351a28276a66c54f.jpg


不機嫌そうな表情がかわいいワンコ写真

実際の所、何をどう考えているのか分からないけれど、人間基準で言うと不機嫌そうに見える表情をしたわんこ(笑)20181227191016-253ae9ab4dcbf621f0d7e411d7663effd16f200b.jpg
不機嫌そうにムスッとした表情がむしろ可愛い。
いったい何を考えているのか気になるところです。

猫の舌をヒントにブラシを開発?!

猫のざらざらした舌にヒントを得て、軽い力でも毛やごみを効率よく取れるブラシを開発できる可能性があると、
米ジョージア工科大の研究チームが発表した。
 
猫の舌には、微小なとげ上の突起がびっしりと並んでいる。
突起をマイクロCTで調べたところ、突起の内部は空洞で、先端がシャベルのようなU字形をしていた。
猫が舌で毛づくろいをしている様子を高速度撮影で観察すると、
しなやかな突起が太い毛だけでなく、細く柔らかい毛の間を通って皮膚に到達。
 
空洞やU字型の部分にたまった唾液で体を清潔に保ったり、体温を下げたりすることもわかった。
 
Dプリンターを使って、シリコン樹脂などで猫の舌と同じ形状のブラシを作ってみたところ、
軽い力で毛などをとることができたそうです。

20181122120353-3dff5df4e1d7845a5521176f268dd68674fce169.jpg

12345678910

アーカイブ

このページのトップへ