HOME > ブログ > アーカイブ > 2015年11月

ブログ 2015年11月

ねこかぜ

くしゃみをする、鼻水が出る、少し熱が出るなど、風邪によく似た症状がみられる伝染病です。
原因のウイルスによっては、角膜炎や結膜炎により眼がしょぼしょぼしたり、涙目になります。
また、口の中に潰瘍や水疱ができて、食欲が落ちることもあります。
抵抗力の弱い子猫がかかりやすい病気です。また、重症になると死亡することもあります。
そのため、重症になるのを防ぐために、伝染病予防のワクチンを接種することが推奨されています。
完全な治療法はなく、しばしば長いこと患うこともあります。
飼い主さんには永くお付き合いしていただく事をお願いすることあります。FVR.jpg

寒さ対策

最近寒さも一段と増してきましたねsign01
お家に居るわんちゃんねこちゃんもそうですが、うさぎさんにも寒さ対策が必要ですsnow
本日はお家で簡単に出来る寒さ対策の方法を紹介させて頂こうと思いますsign03

20151114172706-05c1ae082a090bbb7d454935c3d8b1fd4b2434e7.jpg
①うさぎさんのケージを段ボール等で覆う
ケージを段ボールで覆うだけでもケージ内の過ごしやすさはずいぶん変わって来ます。
ここで気をつけないと行けないことはケージの上も覆うことです。
皆さんご存知の通り暖かい空気は上に、冷たい空気は下に行くので、天井を覆うことで
暖かい空気がケージの中に留まります。



②ケージと段ボールの間にアンカをいれる
ケージと段ボールの間にアンカーをいれるだけで簡単にケージ内を暖かく保てます。寒さ対策2.png
ここで注意しないと行けないのはアンカをケージの中に入れてはいけないことです。
ケージの中に入れたらアンカのコードをうさぎさんがかじってしまったり、
うさぎさんが低温火傷してしまう
ことがあるからです。



③ケージの位置を高いところにする
先ほど述べたように冬は地面に近い方が温度が低いため、ケージを高い位置に
設置するだけでもケージの中の温度は変わってきます。


寒さ対策3.png
アンカをお持ちでない方でも①③の方法を試して頂くだけで全然違ってくると思いますshine

当院には自動で電源のオンオフをしてくれるアンカを置いてあります。そのためケージの温度が上がりすぎたりする
心配もいりませんflairflair

アンカなどの商品や寒さ対策について少しお話しでも聞きたいとの方がいらっしゃったら気軽にスタッフにお声かけ下さいnotes

1

メインページ | アーカイブ | 2015年12月 »

このページのトップへ