HOME > ブログ > アーカイブ > 2017年4月

ブログ 2017年4月

ゴールデンウィーク

GWですね happy01
ペットさん達とお出かけの際には充分にお気をつけ下さいね。
テリトリーの違いや気候の変動などで
体調を崩しやすいですcoldsweats01
ペットホテルにお預けした後も、
体調の変化があるかもしれませんので、
観察をしてあげてくださいねdog
では、楽しいGWをお過ごし下さいsun

うさぎの前歯の不正咬合 2

うさぎの前歯の不正咬合のエンジンカッターでカット処置をしている風景です。

前歯1.jpgのサムネイル画像







結構な長さの前歯です。前回に当院でカット処置して約4週間でこのくらいの長さに戻ってしまいます。
処置する際には写真の上に見えている緑の袋に入ってもらいます。
やっぱりうさぎさんは嫌がるので、暴れて骨折したら大変です。
そうならないようにこのような袋を使用して安全に配慮しています。







前歯2.jpg








木べらを前歯の裏側に咬ませて、歯茎や舌を傷つけないようにします。





前歯3.jpg







 下の歯のカット完了です。






前歯4.jpg








続いて上の歯です。





前歯5.jpg









上の歯のカット完了です。




前歯6.jpg







上下カットした後です。






前歯7.jpg






カットした歯です。







動物病院によって、いろいろなカットの仕方はあると思いますが、
当院ではこのように、前歯のカットをしております。

うさぎの鼻涙管洗浄

うさぎの流涙weepはよく見られる症状です。
原因は様々ですが、多いのが鼻涙管という
管が詰まってしまうことにより、起こることが
多いです。
当院で点眼麻酔のみで、処置をおこなっております。
(しかし、なかには大暴れをしてしまううさぎさんもいますね。
滅多にありませんが、飼主さんと相談して麻酔してからする場合も時々ありますcoldsweats01

実際の当院の処置風景です。
 downwardright
鼻涙管洗浄

鼻から生理食塩水が出れば、閉塞解除です。smile

うさぎの骨折

うさぎは骨が非常に脆いです。
うさぎは体重の1/13が骨の重量です(因みに猫は1/8)
出来るだけ体の重さを軽くして、瞬発力を上げているのです。
骨折の原因は様々ですが、1番多いのが抱っこ中からの落下だと思います。

当院で治療したうさぎさんです。
部屋の中で走っていたら突然前肢を挙げてしまった。
ゆび1.jpgのサムネイル画像

処置後はこのようになりました。
ゆび2.jpg
少し曲がってしまいましたが、本ウサギは元気に飛び跳ねています。

1

« 2017年3月 | メインページ | アーカイブ | 2017年5月 »

このページのトップへ