HOME > ブログ > アーカイブ > 2017年5月

ブログ 2017年5月

うさぎの肘の脱臼

うさぎのひじの脱臼です。
前日に暴れた後に、前足がブラブラになってしまいました。
レントゲンを撮りましたら、下のようでした。
downwardright
肘1













約1ヶ月間、ギブスで固定しました。
肘2

















幸いにもこのウサギさんはギブスを噛まないウサギさんでしたhappy01

1ヶ月後は無事にギブスも取れました。
最初はびっこしていましたが、すぐにうさぎ跳びに
なってくれました。

電気メス

当院では犬猫の他にウサギの手術でもTriad-02.jpg
COVIDIEN社が開発した次世代エネルギープラットフォーム、ForceTriad™を使用しております。
この電気メスを導入してからは、手術が早くキレイに出来るようになりました。
医療機器が日々進化していることを実感します。
使用中の動画が当院に導入する時にご尽力いただきました株式会社メディスト様のHPよりご覧頂きます。

この動画は猫の去勢手術にてForceTriad™を使用した動画の一部です。
downwardright
LF1212.jpgForceTriad™
(手術中の動画になりますので、ご気分を害されるようならば、視聴をご遠慮ください。)

犬 膀胱結石

近年はドックフードが良質になった為かは不明ですが、
犬の膀胱結石の症例が減少してきていると感じます。
今回の症例は市販のドックフードと多めのおやつを普段から
与えてもらっていたワンちゃんが2〜3か月前から
所構わず周辺に排尿するとのことで、来院されました。
触診でわかるくらいの結石が確認できたので、レントゲン撮影したところ、
大きな膀胱結石が2個確認しました。
症状が2〜3ヶ月前からあったようなので、
膀胱粘膜がかなり腫れていて、手術はまあまあ大変でしたが、
手術後は排尿も我慢出来るようになって良好です。
ワンdogちゃんも煩わしいものが無くなってスッキリしたようですhappy02

術前        術後



摘出した結石です。
     downwardright
   IMG_5038.jpg

うさぎの骨折 2

うさぎの骨折の症例です。

このうさぎさんは突然暴れて、飼主さんが様を子見に行ったら
後ろ足がブラブラしているとの事で来院されました。
下腿骨1.jpg

手術を当院でさせていただき、約2ヶ月後にはギブスも取れました。
下腿骨2.jpgのサムネイル画像

少しびっこはしてますが、元気に走っているそうです。

1

« 2017年4月 | メインページ | アーカイブ | 2017年6月 »

このページのトップへ