HOME > ブログ > アーカイブ > 2017年6月

ブログ 2017年6月

ハムスターのイボ

1歳半のキンクマハムスターです。
右の後肢の付根にイボが出来たとの事で
来院されました。
IMG_5104.jpg











飼い主さんが手術を希望されましたので、実施しました。
ForceTriad™の電気メスを使用して、短時間で
手術を完了することが出来ました。
IMG_5116.jpg











約2週間、自宅で投薬し、回し車無しの安静生活をして頂きました。
一部咬み切ってしまいましたが、無事に抜糸が出来ました。
傷もキレイです。
IMG_5383.jpg

熱中症

5月は例年以上に、雨が少なかったようです。
さて、関東地方でも梅雨入りしましたrain
しかし、30℃を超える日も増えてきそうですwobbly
ジメジメして、気温が上がると、熱中症の危険も上がります。

 毎年のことですが、熱中症には充分に注意しましょう。
お出かけの際は、お留守番のペット達の室温にはご注意を!
20160515092728-16f8085958691f5b886ed95ea48698943270005f.jpg
温度impactもさることながら湿度sweat01にも気を使ってくださいbearing
 当院では動物用の経口補水液sweat02を用意しております。
 お気軽に声をおかけ下さい。

うさぎの子宮の病気

こんにちは。happy01
今日はうさぎの子宮疾患についてお話しです。
メスうさぎは高齢になると、子宮疾患に罹患する確率が増えますね。
「高齢うさぎって何歳からですか?」という質問も受けることが
しばしばあります。
これは一概には言えないですし、ヒトによっても認識は様々と思いますが、
当院では7歳以上は高齢と考えています。
しかし、子宮疾患はこれよりも若いうさぎにも発症することも
多いです。
出来ましたら、当院では3〜4歳くらいまでに避妊手術をオススメしています。confident
しかし、飼い主さんとしては麻酔のリスクや健康な体に傷をつけることが
とても不安があることはよく耳にします。coldsweats02
それでも当院では避妊手術はオススメしています。
やはり高齢になって子宮疾患に罹り、レントゲンで術前検査をすると
肺に転移して手術ができないと云う症例もしばしば遭遇します。
その時の飼い主さんはかなり後悔されている方も多いです。shock
『手術をしたことによる後悔』と『手術しなかったことによって子宮疾患になってしまう後悔』を
不謹慎ではありますが天秤にかけるしかないと思われます。
強制はできないですが、後戻りはできないので、よくよく考えて相談してください。clover

 

1

« 2017年5月 | メインページ | アーカイブ | 2017年7月 »

このページのトップへ