HOME > ブログ > アーカイブ > 2019年4月

ブログ 2019年4月

うさぎの爪切り

こんにちはhappy01
今回は爪切りのお話です。
ペットとしてかわいがられているうさぎのご先祖様は、地下にトンネルを掘って生活しているヨーロッパアナウサギです。
地面を一生懸命掘って⛏いれば、自然と爪はすり減りますが、ご家庭で大事に飼われていると爪はどんどん伸びてきてしまいますcoldsweats02

すぐに伸びてしまううさぎさんは、できれば1ヶ月に1回、最低でも2ヶ月に1回は爪切りをしてあげないと大変なことになってしまいますcrying

ずーっと切らずにいると、前足、後足ともに魔女の爪のように爪が曲がって伸びてしまっています
爪が伸び放題だったせいで指を正しく閉じる妨げになってしまい、
指があちこち変な方向へ向いてしまっていました
伸びた爪は切れば終わりなのですが、変形した指は元に戻りません


うさぎの爪切りを自宅でするか、動物病院でするか、うさぎショップでするかは、、飼い主さんでそれぞれです。
病院ではおとなしいうさぎさんも、自宅では爪切りを嫌って暴れてしまうのがふつうです。

飼い主さん:爪切りだけで動物病院に行ってもいいのかなぁ?
20190419121237-a0626d54f193bd12d18f28b01878128dc184e479.pngのサムネイル画像
院長:はい。構いませんsign01  ぜひ、来院してください。

飼い主さん:ついでに気になる所、診てもらおうかなぁ? 忙しそうだからダメかなぁ?20190419121733-badc2d22155cff043719827d436a20610cac6d19.png
院長:はい。気になる所は診察させていただきます。忙しいからダメなんてことはありませんhappy01

当院では20190419122235-1270ea92b930a43f9e3df201a48af781fa871e22.pngのサムネイル画像
 『自宅でできない場合は無理せずに、動物病院に連れてきてください。爪切り以外にも歯のチェックや胃のチェック、その他に飼い主さんが
  気になる所を診察させていただきます。』
『1か月に1回、爪切りと健康チェックにご来院される飼い主さんは多いです。ご遠慮せずにお越しください』

とお伝えしております。お気軽にご来院ください。


ルンバでキッチンを徘徊するコスプレ猫。シュールすぎて笑える(笑)

可愛いサメの着ぐるみを来ている猫ちゃん。もうこの姿だけでも”ニヤッ”っとしてしまいます。
 
そんな猫ちゃんがルンバに乗ってキッチンを徘徊する映像が、シュールすぎると話題になっています(笑)

2.jpg 3.jpg 4.jpg 5.jpg

うさぎドックって?

こんにちはhappy01
よく皆さんに質問されることに20190416182910-a606d296379e11a19a65aa929849a210a65ad24c.png
『うさぎドックって何ですかsign02』とよく聞かれますear
人間ドックと似ていますが、全く一緒ではありませんねcoldsweats01
当院で出来る検査だけなので、CT検査等の高度な検査は出来ませんweep

主な検査項目は
info01レントゲン
info01血液検査
info01検便
info01検尿
info01不正咬合チェック
info01被毛検査

ウサちゃんの健康を維持するために、生活環境は大切ですね。それに加えて日々の食生活はもっと大切ですねannoy
うさぎドックは検査だけではなく、日々の困りごとや食生活など質問にもお答えしますhappy02
お気軽にお尋ねください。

もしも雪に埋もれてしまったら、こんな風に救助犬が助けてくれる

今回ご紹介するのは、おもに山岳救助を専門とするボランティア救助犬のチーム「Mountain Rescue Search Dogs England」が “仕事” をする様子をとらえた動画。

雪の奥深くに埋もれてしまった男性。頭上には、雪がうっすらと透けて光が見えるものの、その光が近いようでものすご~く遠く感じられます

そんな中で聞こえてきたのは、犬の鳴き声。激しく鳴きながら雪を懸命にかいて、ずぶっと鼻を突っ込んで、匂いをクンクン。「ここに誰かいるぞ!」と確信してからは、ますます大きく声を張り上げて、救助隊に知らせようとする姿が見てとれます。

1.jpg

 


1

« 2019年3月 | メインページ | アーカイブ

このページのトップへ