• うさホテル
  • スタッフ募集
すいれん動物病院 042-349-2777 map

〒187-0032
東京都小平市小川町1丁目783-2

>>アクセス

診療時間
午前 9:00~12:30
午後 15:30~19:00

休診日
水曜日、日曜日午後
(祝日:不定休)

当院は予約制ではありません。

初診の方は午前診察は12:00、午後診察は18:30までに受付を済ませて下さい。

スケジュールはこちら
LINE始めました!
友達追加
クレジットカード利用可 QRコード決済 アニコム損害保険
動物夜間救急医療センター ER動物救急センター
ウサギおよび犬猫の救急の場合はこちら
bn_caloopet_131151.jpg

HOME > ブログ > アーカイブ > 2020年8月

ブログ 2020年8月

研究の結果、犬は「苦しんでいる飼い主のことを助けたい」

「犬が飼い主を助けるために行動する」という話は208.jpg犬が人間に強い愛着を持っていることを示すエピソードとして多く語られています。

 

一方、犬が実際に飼い主をどれほど助けたいと思っているのか、科学的調査は行われてきませんでした。

そこで、アリゾナ州立大学の研究チームが60匹の犬と飼い主を対象に実験を行い、「犬は本当に飼い主を助けたいと思っている」という結果が示されました。

 

実験では、飼い主が室内に置かれた箱の中に入って「助けて」と呼びかけ、箱の外側にいる犬がどのように反応するのか観察されました。

 

多くの犬は苦痛を訴える飼い主の声にストレスを感じ、箱の周囲で鳴いたり吠えたりしたとのことです。

 

それぞれの実験で犬が見せたストレス反応についても、飼い主が苦痛を訴えていると犬は非常に大きなストレスを感じた一方で、飼い主が雑誌を読み上げている場合はあまりストレスを感じないこともわかりました。
 

雑誌を読み上げるテストでは犬が環境に順応したものの、苦痛を訴えるテストだと犬は環境に慣れることができず、ストレスを感じてしまうと研究者は指摘します。

 

これらの観察結果は、飼い主から犬へ「感情が伝染していること」を示すとのことです。

 

研究者は今回の結果を受けて、「この研究で興味深いのは、犬が本当に人々のことを気にかけていることを示したということです。

 トレーニングを受けていなくても、多くの犬は苦痛を受けている人を助けようとします。

そして犬が救出に失敗した時、私たちは犬が動揺している様子を見ることができました」

 

「今後は、救助することによって犬が飼い主の近くに行ける場合と、救助しても犬は飼い主に近づけない場合についても調査したいです」

と述べました。

出展:https://gunosy.com/



 

 

 

 


 


1

« 2020年7月 | メインページ | アーカイブ

このページのトップへ