• うさホテル
  • スタッフ募集
すいれん動物病院 042-349-2777 map

〒187-0032
東京都小平市小川町1丁目783-2

>>アクセス

診療時間
午前 9:00~12:30
午後 15:30~19:00

休診日
水曜日、日曜日午後

当院は予約制ではありません。

初診の方は午前診察は12:00、午後診察は18:30までに受付を済ませて下さい。

スケジュールはこちら
飼い主様の声 LINE始めました!
友達追加
アニコム損害保険
動物夜間救急医療センター ER動物救急センター
ウサギおよび犬猫の救急の場合はこちら

HOME > ブログ > アーカイブ > 犬のお話

ブログ 犬のお話

犬が足で飼い主をちょんちょん触ってくる時の心理5つ

飼い主がソファや椅子に座っていると、愛犬が前足でちょんちょん触ってくることがありますよね。小さい子供が、ねぇねぇと呼び掛けているようで実に愛おしいしぐさです。

 

しかし、このしぐさをする時の犬の気持ちは5つに分けられるそうです。

 

1.構ってよ~!

飼い主がテレビに集中していたり、パソコンで作業をしていたりすると、犬が飼い主の膝や腕を前足で引っかくように、ちょんちょん触ってくるのは構ってほしいからです。

 

おもちゃをくわえたまま触ってくる時は、これで遊ぼ―、と誘っています。

 

2.もっと~!

マッサージをされている愛犬がうっとりしている時に、

飼い主が手を止めると、犬が前足でちょんちょんして

くることはありませんか? 

これはもっとマッサージして~!というサインです。

3.それ頂戴!

飼い主が食事をしている時に前足でちょんちょんしてくるのは、それ頂戴のアピールです。キラキラした目で見つめられると、心がゆらいでしまう飼い主様も多いのでは?

 

4.早く!

食事や散歩の時間が近づくと前足でちょんちょんしてくるのは、早くご飯頂戴! 早く散歩に行こうよ~の合図です。

 

5.不安だよ・・・

犬は大きな音が苦手です。花火や雷などの大きな音が鳴った時に不安な気持ちになり、その不安を表現するために飼い主を前足でちょんちょんしてくることがあります。

【まとめ】22.png

犬が前足で飼い主を触ってくる時の心理は、大抵おねだりや催促が多いようですね。

 

かわいいしぐさに負けて、何でも言うことを聞いているとおねだり癖がついてしまう事があるので気を付けてくださいね。

 

まれに不安な気持ちを表現している時もあるので、愛犬の様子をよく観察して適切な対応をとってあげましょう!


 


                       出展:https://gunosy.com/


鼻の形で「顔認証」する犬用アプリが開発される?!

顔認証技術は、驚くほどの速さで精度の上がっていますよね。

そんな顔認証が人間だけでなく、犬にまで適用されるようになってきたそうです。

 

この犬用顔認証アプリを開発しているのは、中国のスタートアップ企業Megviiです。

 

これまでも人工知能を用いて動物の顔認証を行う試みはありましたが、Megvii社の試みがユニークなのは犬の鼻に着目したところです。

人間の2億倍の嗅覚を持つと言われる犬の鼻の形は、成長しても変わることがなく、人間の指紋と同じように1頭1頭異なっているとのこと。
 
今後は日本でもこんなアプリが登場するのでしょうか?1.png


 


飼い主がストレスを感じると、犬もストレスを感じていることが判明

スウェーデン、リンショーピング大学の研究者は飼い主さんとワンちゃんのストレスの増減が一致していることを突き止めた!

 

今回の研究では、ストレスホルモンと呼ばれるコルチゾールに注目して調査をしました。

コルチゾールは血液の中を循環しながら、人間の髪や犬の毛に痕跡を残します。

つまり毛を調べるとストレス度合いがわかるのです。

 

ストレスと関係がありそうな項目として「犬用の庭、飼い主の労働時間、多頭飼い、性格」などがありますがこれらの項目は、ストレスとの関連性が見いだせなかったそうです。 意外ですね。

 

性別に関しては、オスよりはメスのワンちゃんのほうが、飼い主さんのストレスと強く関係しているという調査結果がでたようです。

こうしたことを考えると、もしかしたらメスのほうが飼い主さんへの共感力が高いのかもしれません。

抱きしめあってお互いを癒そう

 

 今日はヒドい1日だった――そんな風に思っているときこそ、帰宅後一番にワンちゃんを抱きしめてあげましょう。

 

柔らかい温もりにあなたは癒されることでしょう。それがワンちゃんの癒しにもつながります

2.png

 

 













出展:https://news.nicovideo.jp/


犬が死ぬ前に飼い主から隠れる理由

犬が死ぬ前に、飼い主から隠れるような行動をとることがあるという話。6.png

 

これは犬だけでなく、猫にも同じような噂が囁かれています。

 

しかし、なぜ犬は自信が死ぬ前に飼い主から隠れるのでしょうか?

 

一説では、「飼い主を悲しませないためではないか」とも言われていますが、本当の理由は少々異なるようです。

 

・「敵に襲われないよう」野生時代の名残

犬は元々野生動物として過ごしてきた歴史があります。現代の人間とともに過ごしている犬もその時代の習性が残っています。例えば、うんちをする際にくるくると回るのも、周囲に敵がいないかどうかを確かめるための習性が残っているためと言われています。

 

「犬が死ぬ前に隠れる」という行動も、野生時代の名残の1つ。死ぬ間際というのは体力もほとんど残っておらず、敵が襲ってきても戦ったり、逃げたりする気力が残っていません。そのため、野生の犬たちは死ぬ間際に仲間から離れ、1人静かに休める場所を探していたのです。

 

・弱い所を見られまいとする動物の本能

動物は敵に弱みを見せ、襲われてしまうといった事態を避けるため、基本的に自分の弱さを相手に見せないようにします。他にも犬は集団で行動していた動物のため、仲間に自分の弱った姿を見せたくないというプライドのようなものもあったのでは、と考えられています。

 

現代では敵に襲われるような状況はありませんので、愛犬には最後まで寄り添い、体を撫でてあげたり、声をかけてあげるなど、愛犬が幸せな気持ちで最期を迎えられるようにしてあげたいものです。


サクサク感までフィギュアで完全再現

車の下でくつろぐトラネコが完全にエビフライだとネットで話題になり、職人さんがやはり光速でフィギュア化してくれました。

ネットの光速職人芸が光ったネコフライ。
ネットでは「シリーズ化したら即ガチャ」「相変わらずの超スピード」など、多くの反響が寄せられています。





20190523165918-edbe054308dbde96ca6c1c54927186062b4b1254.png

 


犬が飼い主にくっついて寝るのは「大好きだから」だけではない!?

部屋でくつろいでいるときに、愛犬がくっついて寝てくれるとうれしくなりますよね。

飼い主としての幸せを感じるひと時ではないでしょうか。

愛犬が飼い主にもたれ掛かったり、顎やお尻など体の一部をくっつけたりして寝るのは、もちろん飼い主のことを大好きだからこそですが、それ以外にも3つの心理が働いているようです。

1.温まりたい20190427095633-8ba0a927cfad381bc4dc55a62285be60fc483cae.png

犬だって寒いときはあります。特に、シングルコートの犬、短毛種、小型犬、子犬、高齢犬などは寒さに弱いとされています。

 

2.安心したい

犬が野生動物だった時代、眠る時には仲間同士で折り重なるようにしていたそうです。

その名残で、信頼できる相手に体をくっつけると安心できると言われています。

 

3.そばにいたい

できるだけ好きな相手のそばにいたいと思うのは、人も犬も同じ。飼い主さんのことが大好きなら、寝るときもくっついていたいと思っても不思議ではありません。

 

いつまでもこうした心理でくっついて寝てもらえるように、愛犬にとって信頼できる大好きな飼い主でいたいものです。


 


もしも雪に埋もれてしまったら、こんな風に救助犬が助けてくれる

今回ご紹介するのは、おもに山岳救助を専門とするボランティア救助犬のチーム「Mountain Rescue Search Dogs England」が “仕事” をする様子をとらえた動画。

雪の奥深くに埋もれてしまった男性。頭上には、雪がうっすらと透けて光が見えるものの、その光が近いようでものすご~く遠く感じられます

そんな中で聞こえてきたのは、犬の鳴き声。激しく鳴きながら雪を懸命にかいて、ずぶっと鼻を突っ込んで、匂いをクンクン。「ここに誰かいるぞ!」と確信してからは、ますます大きく声を張り上げて、救助隊に知らせようとする姿が見てとれます。

1.jpg

 


物覚えの良い犬、悪い犬

犬はとても賢い動物として知られています。ボーダーコリーなどの賢い犬種は約500個の単語を覚えるらしいですよ。ちなみに平均的な知能をもつ犬は300個ほどの単語を覚えることができるそう。

 

賢いと知られている犬種は平均的な犬よりも約2倍ほど覚える量が違うので、他の犬よりも物覚えが良く賢いといえるのではないでしょうか。

しかし、これは犬よりも飼い主のしつけのやり方が下手だという可能性も考えられます。

以前TV番組でこういったものを見たことがあります。

 

イタズラをしたり吠え癖が酷い犬は家族におバカな犬だと思われていて、飼い主もしつけを諦めていました。

しかし、その犬はプロのトレーナーにトレーニングしてもらった結果、吠え癖が直りイタズラもしなくなってお利口になったのです。

 

まるで、初めからお利口で賢い犬のだったような出で立ちをしていたのを覚えています。愛犬の物覚えが良くなるか、悪くなるかは飼い主次第ともいえそうですね。

 20190225124502-db3332c3eb1d13536adb0b242b1fe9778fbb4dfe.png


「猛犬注意」の看板! どんな猛犬かと思ったら・・・・

Beware of the dog(犬注意)」の看板。20190225123940-964e99ea428a7806bdede0dde9a002dd17c42b07.png20190225123716-5036179ef815de8143e4198fb44aedc8484f6dd7.png

 

いったいどんな猛犬が潜んでいるのか・・・

と思いきや、出てきたのは →

 

可愛すぎ(笑)

 

癒される猛犬が出てきたのでした。


ワンちゃんに、そっと添い寝するネコちゃん

糖尿病を患い、それが原因で目が見えなくなってしまったワンちゃん。20190124120517-5cbd698ae364f248a2856e6bc93749479a1da227.png
それをそっと添い寝するネコちゃんがいます。
 
実は、この2頭は、小さい頃から一緒に過ごしていたため、とても仲良しです。
 
ある日、ワンちゃんは糖尿病にかかり、目が見えなくなってしまいましたが、見えなくなる前と、ほとんど変わらない生活が出来ている模様。
 
なぜなら、ネコちゃんが一緒に遊んで、に食べて、そして一緒にお昼寝する。
 お昼寝するときはワンちゃんが不安にならないように、となりに座って体をグルーミングし、体をぎゅっとよせあって眠るようにしているんです。
 
 
二頭の絆の強さを感じる
エピソードですね。

1234

« うさぎのお話 | メインページ | アーカイブ | 猫のお話 »

このページのトップへ