HOME > ブログ > アーカイブ > 犬のお話

ブログ 犬のお話

10年も一緒に生活してきたのに...

ある方の投稿が話題となっています。
ある日投稿者の父親が10年一緒に生活してきた愛犬をペットサロンに連れて行ったところ、多少は似てはいえ、家族であれば違いがわかるほどの別の犬を連れて帰ってきたそうです。
間違えて返すペットサロンに責任はありますが、間違って連れて帰ってきた父親は大慌て。急いでペットサロンに戻り、正しい家族を連れて帰ってきたそうです。
もちろん、ペットサロンに戻った際は、写真を撮って、愛犬に間違いないか奥さんや子供に確認したそうですが。
男性は時として細かい事を気にしないと聞きますが、こればかしは気にしないといけないものでしたね。

実はワンちゃんが嫌いだったこと⁉

ワンちゃんは信頼する相手を前に寝転がりお腹を見せる習慣があります。

仰向けでこちらを見つめてくる愛犬に我々は思わずお腹をなでてあげたくなりますが、
ある博士によると「犬は腹部を触られることに大きな不安を感じている」のだと言います。

お腹をなでると喜ぶと考えるのは人間の勘違いだということが判りました。

「犬が仰向けになりお腹を見せるのは、触って欲しいという要求ではなく20180424175442-fd29fccd78d9d2eca53b37218bcdfb3ac1419f13.jpg
『君のことが大好きだから信頼するよ』という意味なんです。

無防備な腹部を触られることには不安を感じていて

犬は人間がそれを好むから仕方なく

我慢しているだけなのです。

 
(諸説あると思います

 


スーパーヒーローわんちゃん参上!?

某動画movieサイトでは、ワンちゃん同士が助け合うという動画が投稿され話題になった。
あるワンちゃんが柵の間を通り抜けようとした時に抜け出せなくなり、なんとか脱出しようともがきジタバタしていると、もう1匹のワンちゃんが参上sign01
窮地に陥っているのを察したのか、柵から抜け出せるよう手を貸しのだsign03
 なんでもワンちゃんは柵に挟まっていたワンちゃんとは頻繁に遊ぶ仲で、普段から仲睦まじい様子だったそうだ。
公園などでじゃれ合っているワンちゃん達はよく見かけるが、困った事態に陥った仲間をここまで助けるとは……。
それだけに、ワンコの仲間意識にジ~ンweepときてしまったネットユーザーが少なくなかったようだ。

4月になりました

4月cherryblossomになりました。
新年度のスタートです。
ワンちゃんのお散歩姿もうれしそうですね。
しかし急に暑くなったsun時は注意してくださいね。
体が慣れていないので、特に大型犬は熱中症ぽくなりますねでweep
お花見中も注意して下さいね。ワンちゃんの誤食が多くなりますcrying
みなさん、春を楽しんでください。

〇〇な人ほど、噛まれやすい?


あるメディアの調査によると、「怖がっている人ほど犬に噛まれやすく、噛まれる人は知らない犬に噛まれる経験が多い」との事です。
また、男性は女性よりも2倍噛まれたという報告が多いそうです。
そして、感情が不安定だったり、心配が多い人ほど犬に噛まれやすいという傾向もあるそうです。
ワンちゃんは、社会的な動物ですので、怖がる人ほど、
「自分よりも下の動物」と判断したり、敵だと思って噛んで
しまうのかもしれませんね。20180223095538-294ddc4c45325804080f4d40049442bbb1114615.jpg

飼い主に捨てられて絶望していた夜ヘアカットに救われる

ある夜、あてもなく道を彷徨っていた1匹のワンちゃん。通りすがりの人に発見され、20180123182453-9e64686a7e63e9abf290a42fe9b8a3ac429fc882.jpg
SNSを通してお世話してくれる人を探してもらうことになったのです。
それに名乗りをあげたのは、ドッグサロンを経営しているKari Fallaさん。
彼女は、ワンちゃんを自分の店に連れてきてもらうと、
髪の毛は目や口を覆うほど伸び切っていたワンちゃんは、Kari Fallaによりカットされ、
見違えるようにキレイになりました。
その後、そのワンちゃんは、ラッキーと名付けられ、動物病院に連れて行かれ、20180123182534-c8d5be2434139b7a41e33d313054d23da9132bf7.jpg
健康チェックをされた後、しっかりみてくれる人が見つかりました。
どうして置き去りにされたのか不明ですが、今も元気そうに暮らしているとの事で、
なによりです。

愛犬といると健康的?

人暮らしでイヌを飼っている人は、心臓病や動脈硬化で亡くなるリスクが大幅に減る、
 という分析をスウェーデンの研究チームが、発表しました。
  研究の内容は一人暮らしでイヌを飼っている人は、
  飼っていない人より心臓、血管の病気で死亡するリスクが36%低いことがわかりました。
 イヌとのふれあいや社会的な交流が盛んになること、20171225105356-d2e473ef89fd0f4fabcfb9b510dc7f6b80e37680.jpgのサムネイル画像
 イヌになめられるなどして飼い主さんの免疫が活性化する可能性あると言われています。


人懐っこすぎて解雇された警察犬

警察で活躍するべく、子犬の頃からトレーニングを受けていたギャベルだが、
20171225104234-f985d2fd3396d90076317c97366c4c7791459139.jpgそのフレンドリーな性格が災いして、「捜査に必要な能力を発揮できない」と判断されてしまったという。
しかし、ギャベルは警察犬に向いていなかったものの、その人懐っこい性格を買われて、
同州の政庁で観光客やゲストを迎える接待役として雇われることになると、
本来の才能が開花!訪問者から絶大な人気を得ているというギャベルは、
どうやら政庁での仕事は天職でした。
どうせ仕事をするなら、自分に向いていて才能を発揮できる職場の方が良いに決まっています
。ギャベルが、適正にピッタリの仕事に就くことができて何よりでした。

 


子牛を看病する犬

ラブラドール・レトリーバーのボスコは自宅の放牧場で一匹の瀕死の子牛を見つけた。
母牛は弱っており世話が出来なかったようでボスコが子牛を見つけた時、
子牛は冷えきった状態だったそうだ。家族は子牛を毛布に包み家の中で暖めたけれど、
はじめは子牛の目に輝きはなく、鼻は凍りついていて瀕死の状態だったという。

抗生物質を与えヒーターなども使い暖め続けたところ、20171127173503-35795d58157c98c99d5211f2fd1a7e89fb703e83.jpg
子牛は4時間後位には少し動けるようになったそうだ。
その間、ボスコは子牛のそばをずっと離れようとしなかったという。

みんなの手厚い看護の甲斐もあり、子牛は3日後には普通にミルクも飲めるようになり、数週間後には牛たちの群れの中に戻ることが出来たそうだ。


ワンちゃんネコちゃんの秋検診のお知らせ

ワンちゃんネコちゃんの秋検診のお知らせ!20170912160925-784e29fbee0658ff30afd69020536ed813e503a9.png

ワンちゃんネコちゃんの秋検診は 2018年1月27日(土)までです。

春の検診とは違ったメニューになります。
特にシニア世代のワンちゃんdogネコちゃんcatには
オススメです。


来年1月27日までのお得なキャンペーンですhappy01
5つのコースをご用意しております。
各々単発で検査するより、セット価格で大変お得ですhappy01

詳しくは当院スタッフにお尋ねください。

この機会に、可愛いうちの子heart04の健康診断をしてみませんか?


123

« うさぎのお話 | メインページ | アーカイブ | 猫のお話 »

このページのトップへ