• うさホテル
  • スタッフ募集
すいれん動物病院 042-349-2777 map

〒187-0032
東京都小平市小川町1丁目783-2

>>アクセス

診療時間
午前 9:00~12:30
午後 15:30~19:00

休診日
水曜日、日曜日午後

当院は予約制ではありません。

初診の方は午前診察は12:00、午後診察は18:30までに受付を済ませて下さい。

スケジュールはこちら
LINE始めました!
友達追加
アニコム損害保険
動物夜間救急医療センター ER動物救急センター
ウサギおよび犬猫の救急の場合はこちら

HOME > ブログ > アーカイブ > 犬のお話

ブログ 犬のお話

狂犬病予防接種せず、女性かむ 飼い主書類送検へ 警視庁

飼い犬を自治体に登録せず狂犬病の予防接種も受けさせていなかったとして、

警視庁が近く狂犬病予防法違反容疑で、東京都瑞穂町の男性会社員(64)を

書類送検する方針を固めたことが10月29日、捜査関係者への取材で分かった。

 

捜査関係者によると、男性が飼育していたのは中型の四国犬。

 

今年8月、瑞穂町の路上を男性が四国犬を連れて散歩中、

通りかかった10代の女性の左太ももをかんでけがを負わせた。

 

110番通報で駆けつけた福生署員が男性から事情を聴いたところ、同法違反が発覚した。

男性は調べに対し、容疑を認めているという。

 

書類送検容疑は、飼育していた犬を町に登録せず、3a.png

狂犬病の予防接種も受けさせていなかったとしている。

 

厚生労働省によると、狂犬病予防法では、

取得日から30日以内(生後90日以内の犬は生後120日以内)に飼育する犬を

市区町村に登録した上で、年1回の予防接種を義務づけている。

 

このようなトラブルに備えて、犬の登録と、年一回の狂犬病予防ワクチン接種

という飼い主義務は必ず守りましょう。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191029-00000618-san-soci


ワンちゃんの嗅覚で早期がん発見!?

「がん探知犬」、ご存じですか? 人間の呼気や尿の臭いから、早期のがんを発見するワンちゃんをがん探知犬と呼びます。なんと実際に山形・金山町では、この探知犬を利用した健康診断が行われています。この町のある地区の胃がんによる女性の死亡率が、全国ワーストとなったことから、状況打開のため導入されました。

元来、犬は人の100万倍~1億倍以上の嗅覚を持つといわれます。足跡追及能力や臭気選別能力を有した「警察犬」「麻薬探知犬」、地震などで被災し、生き埋めになった人の臭いをかぎ分ける「救助犬」、イタリアでは高価な「トリュフ・ハンター」として…ワンちゃんたちは得意の嗅覚を活用し、多岐にわたって人間をサポートしてくれています。

犬の中でも、狩猟犬として嗅覚の発達したゴールデンレトリバーが特殊な訓練を受け、探知する使命を担います。1頭育てるのに、500万円ほどの費用がかかるということ。その訓練がいかに大変なものかがうかがえます。しかも、17年時点では国内探知犬は5頭しかいないようです。

訓練を受けた犬は、良性の腫瘍には反応せず、がん(悪性の腫瘍)患者が出す呼気や尿から、がんの有無をかぎ分けるといわれています。特に、子宮がん(尿のにおい)、大腸がん(呼気)においては、9割以上の確率で判別できるそうで驚きです。

探知の流れとしては、まず犬にがんの臭気を嗅がせて、箱の中にセットした尿の近くを歩かせます。がん判定が疑われる場合は、その箱の前で立ち止まり、振り返って知らせます。

研究機関の調べによると、的中率は100%近いといわれます。金山町の場合は、町の健康診断を受けた人で、探知犬による検査に同意した人の尿を冷凍し、千葉県内にある医療機関に送り、調べます。ちなみに、探知犬を利用しての健康診断について、同町関係者から「早期発見ができ、治療費も抑えられる」と好評のようです。 20190927095536-ce9e462d62a89f5b5b4fe749e56c4f99351d5063.png 出典https://www.nikkansports.com/leisure/health/news/201909040000041.html

「犬税」!?スペイン北西部で犬税導入

スペイン北西部の都市サモラでは、来年から犬の飼い主から税を徴収する方針を明らかにした。
サモラでは、登録された犬の数が子どもの数を上回っている。
「犬税」の導入理由は、道端の犬のふんを片付ける清掃費用などを捻出するためということ。
徴収額は年間9ユーロ(日本円で約1060円)。
市の税務担当者はロイターに対して、「犬の飼い主は(市の)費用をある程度負担すべきだ」と述べた上で、否定的な反応を示す市民もいることを認めた。
犬税を課すことで年5万~9万ユーロの税収を見込んでおり、犬の散歩エリアの増設、清掃費用、ふん処理袋の配布に充てる計画。
犬税を導入している都市は他にもあり、
オランダのハーグでは1匹当たり120ユーロが課される。
一方、スペインの首都マドリードでは昨年、当時の市長が犬のふんを片付けない飼い主に罰金を科すため、犬のDNA鑑定の義務化を呼び掛けるという事態もあった、市長の交代後にその計画は中止となった。
20190924160518-27c01cce4bf25364d9b306d8f40be0b359deaf29.png

出典:https://news.livedoor.com/article/detail/17054516/

20190924160903-4d162572c66ce458f2e38a27dd7f579b1bd37c96.png


 

盲導犬のトイレ事情、考えたことあった?

身体が不自由な人のお手伝いをする補助犬

(盲導犬、介助犬、聴導犬など)。

駅などの公共の場でも見ることがありますよね。

 

人間のパートナーとして大活躍している彼らのために、JRさいたま新都心駅に補助犬用のトイレが設置され話題になっています。

 

ツイッター上では「なんて優しい世界」、「素晴らしすぎる」など反響を呼んでいるようです。

よくよく考えてみれば、人間だって電車などで移動中、急にトイレなどに行きたくなることはあるのだから、そりゃあ犬だって同じでしょう。

 

しかし、現状補助犬用のトイレが整備されている施設ってほとんど聞きませんよね。

さいたま新都心駅の補助犬トイレが話題になったのを機に、全国で数が増えていってほしいですね。

20190824122044-32dd9790ee322a505badcbfbb1ab775b71dd5d55.png  20190824122115-b05d1b039544ecc911b237aac128b57ad87cef8e.png 

出展:https://news.livedoor.com/


 


犬が足で飼い主をちょんちょん触ってくる時の心理5つ

飼い主がソファや椅子に座っていると、愛犬が前足でちょんちょん触ってくることがありますよね。小さい子供が、ねぇねぇと呼び掛けているようで実に愛おしいしぐさです。

 

しかし、このしぐさをする時の犬の気持ちは5つに分けられるそうです。

 

1.構ってよ~!

飼い主がテレビに集中していたり、パソコンで作業をしていたりすると、犬が飼い主の膝や腕を前足で引っかくように、ちょんちょん触ってくるのは構ってほしいからです。

 

おもちゃをくわえたまま触ってくる時は、これで遊ぼ―、と誘っています。

 

2.もっと~!

マッサージをされている愛犬がうっとりしている時に、

飼い主が手を止めると、犬が前足でちょんちょんして

くることはありませんか? 

これはもっとマッサージして~!というサインです。

3.それ頂戴!

飼い主が食事をしている時に前足でちょんちょんしてくるのは、それ頂戴のアピールです。キラキラした目で見つめられると、心がゆらいでしまう飼い主様も多いのでは?

 

4.早く!

食事や散歩の時間が近づくと前足でちょんちょんしてくるのは、早くご飯頂戴! 早く散歩に行こうよ~の合図です。

 

5.不安だよ・・・

犬は大きな音が苦手です。花火や雷などの大きな音が鳴った時に不安な気持ちになり、その不安を表現するために飼い主を前足でちょんちょんしてくることがあります。

【まとめ】22.png

犬が前足で飼い主を触ってくる時の心理は、大抵おねだりや催促が多いようですね。

 

かわいいしぐさに負けて、何でも言うことを聞いているとおねだり癖がついてしまう事があるので気を付けてくださいね。

 

まれに不安な気持ちを表現している時もあるので、愛犬の様子をよく観察して適切な対応をとってあげましょう!


 


                       出展:https://gunosy.com/


鼻の形で「顔認証」する犬用アプリが開発される?!

顔認証技術は、驚くほどの速さで精度の上がっていますよね。

そんな顔認証が人間だけでなく、犬にまで適用されるようになってきたそうです。

 

この犬用顔認証アプリを開発しているのは、中国のスタートアップ企業Megviiです。

 

これまでも人工知能を用いて動物の顔認証を行う試みはありましたが、Megvii社の試みがユニークなのは犬の鼻に着目したところです。

人間の2億倍の嗅覚を持つと言われる犬の鼻の形は、成長しても変わることがなく、人間の指紋と同じように1頭1頭異なっているとのこと。
 
今後は日本でもこんなアプリが登場するのでしょうか?1.png


 


飼い主がストレスを感じると、犬もストレスを感じていることが判明

スウェーデン、リンショーピング大学の研究者は飼い主さんとワンちゃんのストレスの増減が一致していることを突き止めた!

 

今回の研究では、ストレスホルモンと呼ばれるコルチゾールに注目して調査をしました。

コルチゾールは血液の中を循環しながら、人間の髪や犬の毛に痕跡を残します。

つまり毛を調べるとストレス度合いがわかるのです。

 

ストレスと関係がありそうな項目として「犬用の庭、飼い主の労働時間、多頭飼い、性格」などがありますがこれらの項目は、ストレスとの関連性が見いだせなかったそうです。 意外ですね。

 

性別に関しては、オスよりはメスのワンちゃんのほうが、飼い主さんのストレスと強く関係しているという調査結果がでたようです。

こうしたことを考えると、もしかしたらメスのほうが飼い主さんへの共感力が高いのかもしれません。

抱きしめあってお互いを癒そう

 

 今日はヒドい1日だった――そんな風に思っているときこそ、帰宅後一番にワンちゃんを抱きしめてあげましょう。

 

柔らかい温もりにあなたは癒されることでしょう。それがワンちゃんの癒しにもつながります

2.png

 

 













出展:https://news.nicovideo.jp/


犬が死ぬ前に飼い主から隠れる理由

犬が死ぬ前に、飼い主から隠れるような行動をとることがあるという話。6.png

 

これは犬だけでなく、猫にも同じような噂が囁かれています。

 

しかし、なぜ犬は自信が死ぬ前に飼い主から隠れるのでしょうか?

 

一説では、「飼い主を悲しませないためではないか」とも言われていますが、本当の理由は少々異なるようです。

 

・「敵に襲われないよう」野生時代の名残

犬は元々野生動物として過ごしてきた歴史があります。現代の人間とともに過ごしている犬もその時代の習性が残っています。例えば、うんちをする際にくるくると回るのも、周囲に敵がいないかどうかを確かめるための習性が残っているためと言われています。

 

「犬が死ぬ前に隠れる」という行動も、野生時代の名残の1つ。死ぬ間際というのは体力もほとんど残っておらず、敵が襲ってきても戦ったり、逃げたりする気力が残っていません。そのため、野生の犬たちは死ぬ間際に仲間から離れ、1人静かに休める場所を探していたのです。

 

・弱い所を見られまいとする動物の本能

動物は敵に弱みを見せ、襲われてしまうといった事態を避けるため、基本的に自分の弱さを相手に見せないようにします。他にも犬は集団で行動していた動物のため、仲間に自分の弱った姿を見せたくないというプライドのようなものもあったのでは、と考えられています。

 

現代では敵に襲われるような状況はありませんので、愛犬には最後まで寄り添い、体を撫でてあげたり、声をかけてあげるなど、愛犬が幸せな気持ちで最期を迎えられるようにしてあげたいものです。


サクサク感までフィギュアで完全再現

車の下でくつろぐトラネコが完全にエビフライだとネットで話題になり、職人さんがやはり光速でフィギュア化してくれました。

ネットの光速職人芸が光ったネコフライ。
ネットでは「シリーズ化したら即ガチャ」「相変わらずの超スピード」など、多くの反響が寄せられています。





20190523165918-edbe054308dbde96ca6c1c54927186062b4b1254.png

 


犬が飼い主にくっついて寝るのは「大好きだから」だけではない!?

部屋でくつろいでいるときに、愛犬がくっついて寝てくれるとうれしくなりますよね。

飼い主としての幸せを感じるひと時ではないでしょうか。

愛犬が飼い主にもたれ掛かったり、顎やお尻など体の一部をくっつけたりして寝るのは、もちろん飼い主のことを大好きだからこそですが、それ以外にも3つの心理が働いているようです。

1.温まりたい20190427095633-8ba0a927cfad381bc4dc55a62285be60fc483cae.png

犬だって寒いときはあります。特に、シングルコートの犬、短毛種、小型犬、子犬、高齢犬などは寒さに弱いとされています。

 

2.安心したい

犬が野生動物だった時代、眠る時には仲間同士で折り重なるようにしていたそうです。

その名残で、信頼できる相手に体をくっつけると安心できると言われています。

 

3.そばにいたい

できるだけ好きな相手のそばにいたいと思うのは、人も犬も同じ。飼い主さんのことが大好きなら、寝るときもくっついていたいと思っても不思議ではありません。

 

いつまでもこうした心理でくっついて寝てもらえるように、愛犬にとって信頼できる大好きな飼い主でいたいものです。


 


12345

« うさぎのお話 | メインページ | アーカイブ | 猫のお話 »

このページのトップへ