HOME > ブログ > アーカイブ > うさぎのお話

ブログ うさぎのお話

うさぎの夏バテ???

夏バテって夏の暑さに負けて、食欲が落ちて体が弱ることですねwobbly
animal_usagi_oyako.png
うさぎは犬dogcatに比べるとかなりデリケートと思われます。
温度や湿度の変化に非常に敏感ですねbearing
また、人間都合で飼い主さんの夏休みの旅行や帰省、はたまた
来客が増えるなどのイベント事が増えますねup
このように夏のストレスが重なると、胃腸機能が低下して、
いわゆる『夏バテannoy』状態になってしまいます。
『夏バテくらいなら。。。』、『去年は大丈夫だったから。。。』という軽い気持ちで
いると、命にかかわることになってしまいます。

うさぎの換毛

被毛は成長期、退行期、休止期の3サイクルを繰り返します。
休止期の古い毛の奥に新しい毛が生まれると、古い毛は抜けて新しい毛に生え換わります。
これが『換毛』です。
春と秋に換毛期となりますが、個体差はありますが、
1年中抜けることもしばしばあります。
毎日のブラッシングと牧草は欠かさずにお願いいたします。
20180223123836-86f5bfc3cc8e8dc964f126bcd94a388ccd497d15.pngのサムネイル画像

ウサギは寂しいと死んじゃう???

「ウサギは寂しいと死んじゃうの?」という質問を時々伺います。
結論から先に言いますと、『寂しいと死んじゃう』ことはありませんね。
しかし、ストレスを過度に与えると、体調不良を起こすことはよくあります。
この『ストレス』が何かということですね。。。
暑かったり、寒かったり、大きい音がしたり、知らない場所だったり、うさぎと一緒に長距離移動だったり、一晩中明るくしたりetc
生活の中には色々あります。
これらは飼い主さんがちょっとした注意で防ぐことが出来ます。。。。confident

「ウサギは寂しいと死んじゃう」からと言って、家族のみんながそれぞれ過剰に触れ合い過ぎると、
ストレスでご飯食べなくなり、大変具合が悪くsadなりますので、注意してあげてくださいねhappy01



熱中症 その2

熱中症は暑い日の散歩で発症するだけでは
うさぎバテ ありません。
 閉め切ったお家や車などで、発症しますcoldsweats02
猛暑の際は外の熱風が家に入ってくるのであれば、
 窓を開けても全く涼しくなりません。
エアコンを使用して、除湿や冷房で

温度湿度を調整してあげてくださいhappy02


ウサギの誤食

ウサギが『・・・・を食べてしまった。どうすればいいですか?』との問い合わせがよくあります。
犬猫と違いウサギは催吐処置(吐かせる処置)が出来ません。
胃洗浄処置も出来なくはないですが、リスクは伴います。
症状が出てないうちに治療することを飼主が許容できれば、処置をさせて頂きますが
それに伴うリスクを承諾していただいております。
ウサギを部屋の中で遊ばせる場合は、色々なモノをかじられない様に注意して遊ばせて下さい。
ほとんどのコトが当てはまりますが、ウサギは予防が何よりも大事です。confident


うさぎの子宮の病気

こんにちは。happy01
今日はうさぎの子宮疾患についてお話しです。
メスうさぎは高齢になると、子宮疾患に罹患する確率が増えますね。
「高齢うさぎって何歳からですか?」という質問も受けることが
しばしばあります。
これは一概には言えないですし、ヒトによっても認識は様々と思いますが、
当院では7歳以上は高齢と考えています。
しかし、子宮疾患はこれよりも若いうさぎにも発症することも
多いです。
出来ましたら、当院では3〜4歳くらいまでに避妊手術をオススメしています。confident
しかし、飼い主さんとしては麻酔のリスクや健康な体に傷をつけることが
とても不安があることはよく耳にします。coldsweats02
それでも当院では避妊手術はオススメしています。
やはり高齢になって子宮疾患に罹り、レントゲンで術前検査をすると
肺に転移して手術ができないと云う症例もしばしば遭遇します。
その時の飼い主さんはかなり後悔されている方も多いです。shock
『手術をしたことによる後悔』と『手術しなかったことによって子宮疾患になってしまう後悔』を
不謹慎ではありますが天秤にかけるしかないと思われます。
強制はできないですが、後戻りはできないので、よくよく考えて相談してください。clover

 

うさぎの肘の脱臼

うさぎのひじの脱臼です。
前日に暴れた後に、前足がブラブラになってしまいました。
レントゲンを撮りましたら、下のようでした。
downwardright
肘1













約1ヶ月間、ギブスで固定しました。
肘2

















幸いにもこのウサギさんはギブスを噛まないウサギさんでしたhappy01

1ヶ月後は無事にギブスも取れました。
最初はびっこしていましたが、すぐにうさぎ跳びに
なってくれました。

電気メス

当院では犬猫の他にウサギの手術でもTriad-02.jpg
COVIDIEN社が開発した次世代エネルギープラットフォーム、ForceTriad™を使用しております。
この電気メスを導入してからは、手術が早くキレイに出来るようになりました。
医療機器が日々進化していることを実感します。
使用中の動画が当院に導入する時にご尽力いただきました株式会社メディスト様のHPよりご覧頂きます。

この動画は猫の去勢手術にてForceTriad™を使用した動画の一部です。
downwardright
LF1212.jpgForceTriad™
(手術中の動画になりますので、ご気分を害されるようならば、視聴をご遠慮ください。)

うさぎの骨折 2

うさぎの骨折の症例です。

このうさぎさんは突然暴れて、飼主さんが様を子見に行ったら
後ろ足がブラブラしているとの事で来院されました。
下腿骨1.jpg

手術を当院でさせていただき、約2ヶ月後にはギブスも取れました。
下腿骨2.jpgのサムネイル画像

少しびっこはしてますが、元気に走っているそうです。

うさぎの前歯の不正咬合 2

うさぎの前歯の不正咬合のエンジンカッターでカット処置をしている風景です。

前歯1.jpgのサムネイル画像







結構な長さの前歯です。前回に当院でカット処置して約4週間でこのくらいの長さに戻ってしまいます。
処置する際には写真の上に見えている緑の袋に入ってもらいます。
やっぱりうさぎさんは嫌がるので、暴れて骨折したら大変です。
そうならないようにこのような袋を使用して安全に配慮しています。







前歯2.jpg








木べらを前歯の裏側に咬ませて、歯茎や舌を傷つけないようにします。





前歯3.jpg







 下の歯のカット完了です。






前歯4.jpg








続いて上の歯です。





前歯5.jpg









上の歯のカット完了です。




前歯6.jpg







上下カットした後です。






前歯7.jpg






カットした歯です。







動物病院によって、いろいろなカットの仕方はあると思いますが、
当院ではこのように、前歯のカットをしております。

12

メインページ | アーカイブ | 犬のお話 »

このページのトップへ