• うさホテル
  • スタッフ募集
すいれん動物病院 042-349-2777 map

〒187-0032
東京都小平市小川町1丁目783-2

>>アクセス

診療時間
午前 9:00~12:30
午後 15:30~19:00

休診日
水曜日、日曜日午後
(祝日:不定休)

当院は予約制ではありません。

初診の方は午前診察は12:00、午後診察は18:30までに受付を済ませて下さい。

スケジュールはこちら
LINE始めました!
友達追加
クレジットカード利用可 QRコード決済 アニコム損害保険
動物夜間救急医療センター ER動物救急センター
ウサギおよび犬猫の救急の場合はこちら

HOME > ブログ > 日々のつぶやき > 新型コロナウイルス感染症について 2

ブログ

< うさぎの年齢  |  一覧へ戻る  |  幼少期に犬を飼っていた人は統合失調症になるリスクが低くなる!? >

新型コロナウイルス感染症について 2

東京都獣医師会から新型コロナウイルスに関して、Q&A形式での発表を掲載します。


Q1.新型コロナウイルスはヘット(犬や猫)にうつりますか?

 

 

A.    飼い主様にとっては心配なことですね。

ただ、これまでに新型コロナウイルスが、犬猫を含むペットに感染したという報告は一切ありませんので、その心配はかなり小さいと考えられます。 しかし、今後状況が変化すれば、その可能性は完全には否定できませんので、随時情報を発信していきたいと考えています。


Q2.犬や猫にも「コロナウイルス感染症」があると聞いたことがありますが、それは人にうつりますか?

A. 犬や猫にも固有のコロナウイルス感染症があります。 しかしコロナウイルスは「種特異性」※が高いため、
  これまで犬猫で報告されている「コロナウイルス感染症」が、人を含めた他の種の動物に感染したという報告はありません。
  犬の場合は軽い下痢症状、猫の場合は伝染性腹膜炎を起こしますが、どちらもまれな病気です。

  犬のコロナウイルス感染症が猫にうつったり、あるいは猫のコロナウイルス感染症が犬にうつったりするのは一般的ではありません。

           ※  「種特異性」とは 形態あるいは機能のうえで,ある種は共通にもっているが,他の種には認められない特色

 

Q3.私は新型コロナウイルスに感染しました。ペット(犬猫)とどう接すればいいですか?


A.
 あなたが病院等、隔離された場所に行かなければならない場合には、
安心してペットのお世話を頼める人に預けましょう。

  あなたとペットが室内で一緒に生活していたのであれば、患者であるあなたが暮らしていた部屋にペッ トを残し、お世話に通ってもらう方法は、
  感染対策上お勧めできません。

   ペットを預ける場合、念のために、被毛を洗浄するか、またはペットと接する際にはマスクやグローブをつけてもらい、
  お世話をした後は、丁寧な手洗いを励行するようにお伝えください。

Q4.飼っているペットが新型コロナウイルスに感染したのではないかと心配です。どうすればいいですか?

A. ペットが新型コロナウイルスに感染したかどうかを検査する方法は今のところありません。Q3 で 回答したように、新型コロナウイルスがペットに感染したという報告はありませんが、もし、ペットへの感染が心配であるなら、人混みに連れて行かないようにし、

できるだけ感染のリスクを減らすよう注意して生活します。

  新型コロナウイルスに感染していた人とペットが濃厚に接触したことが分かっていて、その後ペットの体調が悪くなったという場合には、
  かかりつけの動物病院に電話をしてください。ペットを動物病院 に連れていく前には必ず事前に連絡を入れてください。

以上が東京都獣医師会の発表です。
犬猫以外の報告発表は現在のところありません。犬猫以外の飼い主さんにとっては心配もあるかと思います。
当院としても随時情報を収集して皆様にお伝えしようと思います。
もし情報がありましたら、お教えいただくと幸いです。

皆様と一致協力して乗り切りましょう!!!!


カテゴリ:

< うさぎの年齢  |  一覧へ戻る  |  幼少期に犬を飼っていた人は統合失調症になるリスクが低くなる!? >

同じカテゴリの記事

新型コロナウイルス感染症について 3

一般社団法人 日本臨床獣医学フォーラムより香港での新型コロナウイルスの見解が発表されました。
以下に抜粋させていただきましたので、参考にしてください。
当院としても出来るだけ、皆様に情報を提供したいと考えています。
パニックならず冷静に判断しなければなりません。
頑張って乗り切っていきたいです。


JBVPからのお知らせ(http://www.jbvp.org/)
香港の犬からの新型コロナウイルス
検出に関する追加情報(2020/03/05更新)

写真
動物コロナウイルスの電顕写真
(石田卓夫撮影)

これまでの情報ならびに獣医学の常識から,犬には人間のコロナウイルスは感染しないだろうと考えて情報を発信して参りましたが,どうやらわれわれ獣医界の知らないことが起こったようです.

2月下旬に香港の60歳の女性で新型コロナウイルス感染が確認され,その人が飼育する老齢のポメラニアンの鼻と口の材料に新型コロナウイルス感染の弱い陽性反応がみられました.これがウイルスの付着によるものか,感染なのかを調べるため,その後のウイルスの存在を追跡したところ,複数回の弱陽性反応が出たことから,香港漁農自然護理署(AFCD)は犬が「低レベルの感染」をしていると結論しました.同時にこの所見は大学や国際獣疫事務局(OIE)の専門家たちによっても確認され,「人間から動物への感染例の可能性が高い」とされました.

この犬は新型コロナウイルス感染の症状を全く見せていないといわれていますが,香港政府が先月28日に出した新型コロナウイルスに感染したペットを14日間隔離する措置を受けています.香港では,別の感染患者の犬も1頭隔離されており,現在は陰性となりましたが,隔離は続けられているそうです.香港政府は「現時点でペットがウイルスを媒介するというデータはない」と強調しています.そして,動物が感染源になるといった過剰な心配を抱かないように呼びかけています.

以上が朝日新聞デジタルおよびAFPが報じたニュースの抜粋です.犬が感染する可能性は極めて低いといったわれわれの考えは間違っていたことがわかりましたので,ここに正しい情報をお知らせしました.それではわが国の犬においてどのような対応ができるのかを以下にまとめます.

 

  1. 犬における感染
    犬は家の中で隔離してください.幸いに犬が健康を害することはないようなので,隔離しておけば自然に感染はなくなるものと思われます.症状がなければ動物病院でできることもありません.また,人間のコロナウイルス感染者を受け入れることができるような病院に相当する動物病院の体制は整っていません.感染した人間が軽症で家にいるならご自分で犬の世話をしてください.感染した人間が入院する際には,犬をどうするかについては,医師ならびに保健所の指示を仰いでください.
  2. 人間が感染して家庭に犬がいる場合
    これまでの香港の2頭だけの経験では,感染であっても低レベルであり,犬には症状は出ないようです.しかし,生きたウイルスが少量ながら一定期間そこに存在するということで,注意は必要です.一方,わが国では動物に対して人間のコロナウイルスのPCR検査を行う体制は全く整っていませんので,検査を行うかどうかについては保健所の判断と思われます.動物病院に来院されても国立感染症研究所から出されている感染管理ガイドラインに沿った対応はできません.
  3. ふつうの家庭犬は
    外出を避ける,外に出るのも家の周りだけにする,人混みには連れて行かない,他の犬との接触を避けるためドッグランも利用しないことで,自宅にいるのが最も安全と思われます.犬にはコロナウイルスが入ったワクチンもありますが,これは犬の消化器コロナウイルスのワクチンで,人間のコロナウイルスに対しては効きません.
  4. 猫はどうする
    猫にも感染のリスクはあると考えて,外に出さず,家の中においてください.猫のコロナウイルスには,多くの猫が持っている病原性のほぼない猫腸コロナウイルスと,それが突然変異してごく少数の猫に病原性を示す猫伝染性腹膜炎ウイルスがありますが,これらは人間のコロナウイルスとは異なり,猫ではワクチンはありません.猫に人間のコロナウイルスが感染するかどうかについては,SARSコロナウイルス大量を実験的に気管内に接種して感染が起こることが示されていますが,これはあくまでも自然界では起こりえないような実験的な条件であり,その場合も重大な病気は起こらず,すぐに感染から回復するとされています.したがって犬同様に対応してください.
  5. 最後に
    今回の事例では,犬は善意の第三者であり,たまたまウイルスをもらってしまったと考えられ,どうして犬に感染が起こったのかについては,老齢の犬であったからなのか,それとも犬はすべてそうなのかはまだ例数が少ないためわかりません.しかし,中国のように多くの感染患者がいる場所でも,犬から病気をもらったというような状況は報告されていません.犬は大切な家族の一員です.決して犬を悪者にしたり,飼育を放棄したりしないよう,そして過剰に恐れることなく,ふつうに対応してください.

【文責】
日本臨床獣医学フォーラム会長 石田卓夫
(獣医師,農学博士,日本獣医病理学専門家協会会員)



SFTS その2 (マダニから移るウイルス)

前回のSFTSからの続きです。
ヒトにも感染しますと怖いことを書いてしまいました。
しかし、実際に日本で発症しているのは事実です。

このSFTSウイルスは草についているマダニの体内に潜んでいます。meneki_good.png
マダニの駆除予防をしましょう。
例年では4月中旬頃から予防してまいりました。
今は3月から予防を推奨します。
ワンちゃんネコちゃんを予防することも大きな目的ですが、
みなさんの家族も守らなければなりません。

今の新型コロナウイルス感染症みたいにパニックないならず、
冷静に事実を把握して、出来ることから取り組んでいきましょうsign03


SFTS(マダニから移るウイルス)

さて、SFTSウイルスをご存知でしょうかsign02
2011年に初めて中国で報告されたウイルスです。
ヒトと動物の人獣共通感染症です。
このウイルスは一般にダニ(フタトゲチマダニなど)いわゆる草ダニの体内にいます。これが時にウイルスを保有するダニに咬まれてヒトが感染します。またイヌやネコもダニに咬まれることで感染し、それらの動物と濃厚に接触することでヒトが感染します。感染したヒトと濃厚に接触すると、ヒトも感染すると言われています。
ペットから飼い主さんに感染して事例もあります。
九州では獣医師やその動物病院の看護師に感染した例も出ています。
現在は西日本に多く報告されていますが、東日本に出ないとは限りません。

日本(世界かも)もだんだん熱帯化して、害虫も増えていると思います。
20200129-sfts-fig2.png
ヒトでの報告です。出典;国立感染症研究所 https://www.niid.go.jp/niid/ja/diseases/sa/sfts.html

フィラリアの予防と同時にノミダニの予防もキチンとやっていきましょう!sign03

大切な家族を守れるのは、飼い主さんだけですhappy02




新型コロナウイルス感染症について


新型コロナウイルス感染症に関する報道が連日続いています。

しかし、冷静になってください。

私も一般の人と同等の知識しか持っておらず、問い合わせされても返答が出来ません。
お電話でのお問い合わせは、ご遠慮ください。

『自分のペットが感染したら?』『ペットから飼い主に感染したら?』『治療法は?』『ワクチンは?』『消毒は?』
これら全てお恥ずかしながら、皆さんと同じ知識しか持っておりません。
SNSにだけ頼らずに信頼のできる公的機関や行政に問い合わせをしましょう。

SNSの普及により、2003年に流行したSARSや2012年に流行したMERS等よりも不確かな情報が拡散しがちです。
これによりパニックになることが怖いです。

懐疑的な視点を持って、冷静にできることを我々はするだけです。

今のところとして、ペットから感染した事例も報告もありません。今後も無いとは言えません。そうです、誰にも判らないのです。
ヒトは得体の知れないもの、判らないもの、が非常に怖がるものです。
しかし、ヒトには不安を払拭する知恵を持っています。

何度も言いますが、冷静になり、パニックにならず行動しましょう。

お願いしますconfident





猛暑到来!!!

梅雨が明けて大変暑い日sunが続いていますねcoldsweats0120180703113014-2fc8972bd845fce1f772070ca62cbc2f5cedd440.jpg
人間もかなりバテバテですが、
動物たちもバテバテですbearing
動物病院に行く時など
炎天下の中、どうしても一緒に
お出かけをしなくてはいけない時には
少し工夫をしましょうhappy01

IMG_0251.jpg IMG_0252.jpg

upwardright

写真のようにキャリーに白いバスタオルをかけて、
スプレーで水をかけてみましょう。
気化熱を利用して放熱させてあげる。
これで絶対大丈夫という訳ではありませんが
短時間の移動であれば有効かと思います。
あくまでも一例なので、皆さんの創意工夫が必要です。

夏に負けず元気に乗り切りましょうsign03

このページのトップへ