HOME > ブログ > 犬のお話 > 4月になりました

ブログ

< イギリスの人気講師の猫ちゃん  |  一覧へ戻る  |  三つ子の魂ニャンくまで! >

4月になりました

4月cherryblossomになりました。
新年度のスタートです。
ワンちゃんのお散歩姿もうれしそうですね。
しかし急に暑くなったsun時は注意してくださいね。
体が慣れていないので、特に大型犬は熱中症ぽくなりますねでweep
お花見中も注意して下さいね。ワンちゃんの誤食が多くなりますcrying
みなさん、春を楽しんでください。

カテゴリ:

< イギリスの人気講師の猫ちゃん  |  一覧へ戻る  |  三つ子の魂ニャンくまで! >

同じカテゴリの記事

〇〇な人ほど、噛まれやすい?


あるメディアの調査によると、「怖がっている人ほど犬に噛まれやすく、噛まれる人は知らない犬に噛まれる経験が多い」との事です。
また、男性は女性よりも2倍噛まれたという報告が多いそうです。
そして、感情が不安定だったり、心配が多い人ほど犬に噛まれやすいという傾向もあるそうです。
ワンちゃんは、社会的な動物ですので、怖がる人ほど、
「自分よりも下の動物」と判断したり、敵だと思って噛んで
しまうのかもしれませんね。20180223095538-294ddc4c45325804080f4d40049442bbb1114615.jpg

飼い主に捨てられて絶望していた夜ヘアカットに救われる

ある夜、あてもなく道を彷徨っていた1匹のワンちゃん。通りすがりの人に発見され、20180123182453-9e64686a7e63e9abf290a42fe9b8a3ac429fc882.jpg
SNSを通してお世話してくれる人を探してもらうことになったのです。
それに名乗りをあげたのは、ドッグサロンを経営しているKari Fallaさん。
彼女は、ワンちゃんを自分の店に連れてきてもらうと、
髪の毛は目や口を覆うほど伸び切っていたワンちゃんは、Kari Fallaによりカットされ、
見違えるようにキレイになりました。
その後、そのワンちゃんは、ラッキーと名付けられ、動物病院に連れて行かれ、20180123182534-c8d5be2434139b7a41e33d313054d23da9132bf7.jpg
健康チェックをされた後、しっかりみてくれる人が見つかりました。
どうして置き去りにされたのか不明ですが、今も元気そうに暮らしているとの事で、
なによりです。

愛犬といると健康的?

人暮らしでイヌを飼っている人は、心臓病や動脈硬化で亡くなるリスクが大幅に減る、
 という分析をスウェーデンの研究チームが、発表しました。
  研究の内容は一人暮らしでイヌを飼っている人は、
  飼っていない人より心臓、血管の病気で死亡するリスクが36%低いことがわかりました。
 イヌとのふれあいや社会的な交流が盛んになること、20171225105356-d2e473ef89fd0f4fabcfb9b510dc7f6b80e37680.jpgのサムネイル画像
 イヌになめられるなどして飼い主さんの免疫が活性化する可能性あると言われています。


人懐っこすぎて解雇された警察犬

警察で活躍するべく、子犬の頃からトレーニングを受けていたギャベルだが、
20171225104234-f985d2fd3396d90076317c97366c4c7791459139.jpgそのフレンドリーな性格が災いして、「捜査に必要な能力を発揮できない」と判断されてしまったという。
しかし、ギャベルは警察犬に向いていなかったものの、その人懐っこい性格を買われて、
同州の政庁で観光客やゲストを迎える接待役として雇われることになると、
本来の才能が開花!訪問者から絶大な人気を得ているというギャベルは、
どうやら政庁での仕事は天職でした。
どうせ仕事をするなら、自分に向いていて才能を発揮できる職場の方が良いに決まっています
。ギャベルが、適正にピッタリの仕事に就くことができて何よりでした。

 


子牛を看病する犬

ラブラドール・レトリーバーのボスコは自宅の放牧場で一匹の瀕死の子牛を見つけた。
母牛は弱っており世話が出来なかったようでボスコが子牛を見つけた時、
子牛は冷えきった状態だったそうだ。家族は子牛を毛布に包み家の中で暖めたけれど、
はじめは子牛の目に輝きはなく、鼻は凍りついていて瀕死の状態だったという。

抗生物質を与えヒーターなども使い暖め続けたところ、20171127173503-35795d58157c98c99d5211f2fd1a7e89fb703e83.jpg
子牛は4時間後位には少し動けるようになったそうだ。
その間、ボスコは子牛のそばをずっと離れようとしなかったという。

みんなの手厚い看護の甲斐もあり、子牛は3日後には普通にミルクも飲めるようになり、数週間後には牛たちの群れの中に戻ることが出来たそうだ。


このページのトップへ