HOME > ブログ > 日々のつぶやき > 私たちが見ている光景をペットはどのように見ているのか?

ブログ

< 「マッチョすぎる猫」が激写される  |  一覧へ戻る  |  Frontline Flea & Tick Spray "Crawling" >

私たちが見ている光景をペットはどのように見ているのか?

人間は他の動物よりも色を識別したり暗い場所で物を暗視したりすることが不得意だと言われていますが、デューク大学の研究者らはホ乳類・昆虫・魚など約600種の生き物の視力について調査を行い、
「鋭敏さ」という点で人間の視力が優れていることを示しました。

しかしここで特筆すべきことは、猫ちゃんが見ている光景は人間が見ている光景と大差ないということである。

20180723124653-85ac80ea9fad193b6206cfa7a6566319b0ebbc6a.jpg


カテゴリ:

< 「マッチョすぎる猫」が激写される  |  一覧へ戻る  |  Frontline Flea & Tick Spray "Crawling" >

同じカテゴリの記事

猛暑!!!

梅雨が明けて大変暑い日sunが続いていますねcoldsweats0120180703113014-2fc8972bd845fce1f772070ca62cbc2f5cedd440.jpg
人間もかなりバテバテですが、
動物たちもバテバテですbearing
動物病院に行く時など
炎天下の中、どうしても一緒に
お出かけをしなくてはいけない時には
少し工夫をしましょうhappy01

IMG_0251.jpg IMG_0252.jpg

upwardright

写真のようにキャリーに白いバスタオルをかけて、
スプレーで水をかけてみましょう。
気化熱を利用して放熱させてあげる。
これで絶対大丈夫という訳ではありませんが
短時間の移動であれば有効かと思います。
あくまでも一例なので、皆さんの創意工夫が必要です。
夏に負けず元気に乗り切りましょうsign03

熱中症

近年、5月でも真natsubate_penguin.png夏日sunになる日も増えてきましたね。coldsweats02
と思ったら急に肌寒くなったりしますね。bearing
体調管理が難しいですね。
体が慣れていない時に急激に暑くなると、
熱中症が心配です。
水分補給をこまめに実施してくださいね。
特にうさぎさんは脱水になりがちなので、
生野菜はこまめに与えてくだいね。
また今年も猛暑になるかもしれませんので、
元気に夏を乗り切りましょうsign03

ペットを飼うと若返る!?

ペットを飼うだけで10歳近く若返る効果に期待できる他に、うつ症状を和らげるなど精神面においてもメリットがあることがわかっています。20171225105140-aada8c18ad6b4735c768146e25d340a421fb75b8.jpg
若返りのメカニズムは、「オキシトシン」という物質が、脳内から分泌されることにあるそうですsign01
ペットに対して「かわいいlovely」と感じ、直接口に出していうことで、脳内からオキシトシンが分泌されます。
肌の調子が良くならないshock…!と悩んでいる女性は、オキシトシンの分泌量が減少傾向にあるのかもしれません。
若々しい肌質をキープするためにも、この機会にオキシトシンを意識した美活方法を実践してみてはいかがでしょうかsign02

師走

さて、今年もあとわずかですねshock
1年はあっという間に過ぎて早いですねcoldsweats01
年末が近づいてきますと、ご家庭でもお忙しくなるかと
思います。いろいろなイベント事が増えて、ペットさんたちの
家庭内事故が少し増えてきますweep
小さい動物さんは間違って踏まれたり、蹴り飛ばされたりする
事例がありました。
ワンちゃんdogネコちゃんcatはクリスマスケーキやお餅、
またはお酒(甘い日本酒やワイン)などを誤食誤飲されないように20161203173357-c94c59dc35da29b059c0ac46b8c1737a5cbabd86.jpg
ご注意下さい。
20161203173244-89d0c346464cdff652a41572833bd056c3f56529.jpg 20161203173318-ea02459a44a122f03ff63ab72b46594eae1958c6.jpg 

来院時の注意

朝から暑い日sunが続きますねcoldsweats0220170715102523-f59d494a3828343069c617aac0be93a49198fb18.jpg
来院時に注意して頂きたいことがあります。
キャリーバックに入れてく来る際に
キャリーバックの中が非常に
蒸暑くなっている場合が散見されます。
車はクーラーをかけて、来院されると思いますが
興奮している動物は風通しが悪いキャリーバックの中で
ゼーゼーしている事があります。
キャリーバックの脇のポケットに保冷剤を
入れてくる等の対策を施してあげて下さいねconfident

このページのトップへ