• うさホテル
  • スタッフ募集
すいれん動物病院 042-349-2777 map

〒187-0032
東京都小平市小川町1丁目783-2

>>アクセス

診療時間
午前 9:00~12:30
午後 15:30~19:00

休診日
水曜日、日曜日午後

当院は予約制ではありません。

初診の方は午前診察は12:00、午後診察は18:30までに受付を済ませて下さい。

スケジュールはこちら
LINE始めました!
友達追加
クレジットカード利用可 QRコード決済 アニコム損害保険
動物夜間救急医療センター ER動物救急センター
ウサギおよび犬猫の救急の場合はこちら

HOME > ブログ > 犬のお話 > 作物を荒らす猿除けのため、飼い犬をトラ柄にペイントした農

ブログ

< 冬のうさぎドックキャンペーン  |  一覧へ戻る  |  エンセファリトゾーン Ez >

作物を荒らす猿除けのため、飼い犬をトラ柄にペイントした農

日本では田畑の作物を荒らす野生動物を追い払うために昔からカカシを使ってきたが、4.png

 

このほどインドで猿から作物を守るため、

飼い犬にちょっとした工夫を凝らしたことが話題になっている。

 

これが猿を追い払うのに成功したため

村中で流行り始めているようだ。


インドのカルナータカ州ナルル村で農家をしているスリカンス・ゴウダさんは

自分達でコーヒーなどを栽培しているが、

野生の猿に荒らされていることに頭を悩ませていた。

 

人間の姿を見ても恐れることのない猿に、

トラのぬいぐるみを使って追い払っていたようだ。

しかし猿はすぐにトラではないことに気づいてしまい、あまり効果がなかった。

そこで猿が本物のトラがいると見間違えそうになるものを思いついた。

 

飼い犬の“ブルブル(Bulbul)”にトラ柄の模様をペイントしたのだ。

 

ラブラドール・レトリバーと思われるブルブルは、

クリーム色の身体に黒の縞模様が描かれたが、

スリカンスさんによるとトラに扮したブルブルの猿除け効果について次のように語った。

 

「畑に毎日朝夕2回、ブルブルを連れて行くのですが、

猿がブルブルを見て逃げていくのを目にしました。

それ以来、猿は私の農地に来なくなったのです。」

 

さらにスリカンスさんの娘も、

「以前は猿による被害のためコーヒーの収穫に大きなダメージがありました。

猿を脅すためにブルブルをトラ模様にするというのは父のアイデアでした。

今では村のみんなが父のアイデアに感謝して同じように犬を使って猿を追い払っています」と明かしている。

 

このスリカンスさんのアイデアはSNS上で話題となり、

「猿を殺せと命じた州政府よりも賢い方法だと思うよ」

「猿は今、対策会議を開いている頃なんじゃない?」

「犬に虎のような服を着せたらどう?」といった意見があがっている。

 


カテゴリ:

< 冬のうさぎドックキャンペーン  |  一覧へ戻る  |  エンセファリトゾーン Ez >

同じカテゴリの記事

シェパード犬、猫を追って木に登るも下りられず救助 米


ジャーマンシェパードが木から下りられなくなってしまい、

消防士が出動して助け出す騒ぎがこのほどあった。

2歳になる犬の名前は「ベビー」。

飼い主によると、猫に強い関心を示す性癖があるという。

画像では、木のてっぺんにある枝の端部分にネコがうずくまり、

幹の上にベビーがいて向き合っているような様子が収められている。 

出動した消防士は今回のような救助は初めてと説明。

最初は冗談かと思ったと振り返った。 

猫はその後、無事に木から下りていた。

2.png


出典https://news.livedoor.com/





SFTS(マダニから移るウイルス)

さて、SFTSウイルスをご存知でしょうかsign02
2011年に初めて中国で報告されたウイルスです。
ヒトと動物の人獣共通感染症です。
このウイルスは一般にダニ(フタトゲチマダニなど)いわゆる草ダニの体内にいます。これが時にウイルスを保有するダニに咬まれてヒトが感染します。またイヌやネコもダニに咬まれることで感染し、それらの動物と濃厚に接触することでヒトが感染します。感染したヒトと濃厚に接触すると、ヒトも感染すると言われています。
ペットから飼い主さんに感染して事例もあります。
九州では獣医師やその動物病院の看護師に感染した例も出ています。
現在は西日本に多く報告されていますが、東日本に出ないとは限りません。

日本(世界かも)もだんだん熱帯化して、害虫も増えていると思います。
フィラリアの予防と同時にノミダニの予防もキチンとやっていきましょう!sign03

大切な家族を守れるのは、飼い主さんだけですhappy02



20200121110539-3c839790e48a2b1e2328eb6e76e09cdf32b73285.png

体重40キロ超のビーグル犬、半年で28キロまで減量(米)

保護された肥満のビーグル犬が、3.png

飼い主と一緒にダイエットに励む姿が人々に元気を与えている。

 

飼い主は身体が引き締まっていく過程や日々のトレーニングの様子をInstagramに投稿しており、

フォロワーはさらに増加しているという。
 

米アリゾナ州フェニックスの動物保護施設「アリゾナ・ビーグル・レスキュー」に

5月末、オスのビーグル犬“ウルフギャング(Wolfgang)”が保護された。

 

体重が40キロ超(90ポンド)もあり歩くのもやっとだったが、

同市在住のエリン・マクマナスさん(Erin McManus)と

チャド・シャッツさん(Chad Schatz)に引き取られ、

必死にダイエットに励んできた。

 

現在の体重は約28キロ(62ポンド)。

半年間で約12キロの減量に成功したものの、

オスのビーグル犬の標準体重は約11キロ(25ポンド)で、

ウルフギャングにはまだ17キロの減量が必要なのだ。

 

エリンさんはウルフギャングについて、次のように語っている。

 

「ウルフギャングが我が家にやって来た時は、

身体が大きすぎてドッグドアを通ることもできず、

隣の家の郵便受けまで歩くのがやっとでした。

 

でも今では、1回の散歩で20分ほど歩くことができるようになりました。

またプールで泳いだり、週に1回はリハビリセンターに行き、

水を張ったトレッドミルでエクササイズをしています。

 

不思議なことに、エクササイズ中は必ずお気に入りのおもちゃを口にくわえるんですよ。

今のお気に入りはユニコーンで、運動が終わるまでくわえ続けます。

1人よりも友達と一緒に運動したい人がいるように、

ウルフギャングもおもちゃを心のよりどころとしているのかもしれませんね。」

 

現在は1週間に約450グラム(1ポンド)ずつ体重が減っているというウルフギャング。

 

減量が成功している理由は手作りの食事にもあるようで、

エリンさんは「現在は600キロカロリーダイエットに挑戦をしています。

脂肪が少ないターキーをベースにサプリを混ぜ込み、野菜をたっぷり加えたものを与えているんですよ」と明かした。

 

ウルフギャングがゴールを達成する日がくるのを全世界のファンが楽しみにしている。

出典https://news.livedoor.com/


 


 


ワンちゃんの写真をSNSにアップするとき、ドッグタグを隠しましょう

個人情報をいかに守るかと考えさせられるネット社会になりました。

ここで忘れられがちな個人情報の漏洩についてひとつ、お話しておきたいと思います。ペットの首輪のタグです。

SNSに自分のかわいいペットの写真をアップしたいのは当然理解できますが、

SNSに自分のかわいいペットの写真をアップしたいのは当然理解できることですが、それと同時にタグに記載された電話番号が映り込むことに気づいていない人も多いはず。SNSでペットの写真をスクロールして見ているとチラリとタグが写り込んでいるのを見つけるのはそんなにレアなことではないのです。

それと同時にタグに記載された住所や電話番号が映り込むことがあります。2a.png

 

電話番号くらい、と思うかもしれませんが、

嫌がらせのメッセージを送られたり、

勧誘商売などに番号が売られて、

ひっきりなしに電話がかかってきたりということもあります。

 

電話番号から個人情報を引き出すことだってできたりもします。

 

ペットの写真をアップしただけなのに、

個人情報を盗まれておおごとに発展するという恐れもありますので、

みなさん是非ペットの写真をあげるときは気をつけてくださいね。

 

過去の写真もチェックしてみましょう。


 


狂犬病予防接種せず、女性かむ 飼い主書類送検へ 警視庁

飼い犬を自治体に登録せず狂犬病の予防接種も受けさせていなかったとして、

警視庁が近く狂犬病予防法違反容疑で、東京都瑞穂町の男性会社員(64)を

書類送検する方針を固めたことが10月29日、捜査関係者への取材で分かった。

 

捜査関係者によると、男性が飼育していたのは中型の四国犬。

 

今年8月、瑞穂町の路上を男性が四国犬を連れて散歩中、

通りかかった10代の女性の左太ももをかんでけがを負わせた。

 

110番通報で駆けつけた福生署員が男性から事情を聴いたところ、同法違反が発覚した。

男性は調べに対し、容疑を認めているという。

 

書類送検容疑は、飼育していた犬を町に登録せず、3a.png

狂犬病の予防接種も受けさせていなかったとしている。

 

厚生労働省によると、狂犬病予防法では、

取得日から30日以内(生後90日以内の犬は生後120日以内)に飼育する犬を

市区町村に登録した上で、年1回の予防接種を義務づけている。

 

このようなトラブルに備えて、犬の登録と、年一回の狂犬病予防ワクチン接種

という飼い主義務は必ず守りましょう。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191029-00000618-san-soci


このページのトップへ