• うさホテル
  • スタッフ募集
すいれん動物病院 042-349-2777 map

〒187-0032
東京都小平市小川町1丁目783-2

>>アクセス

診療時間
午前 9:00~12:30
午後 15:30~19:00

休診日
水曜日、日曜日午後
(祝日:不定休)

当院は予約制ではありません。

初診の方は午前診察は12:00、午後診察は18:30までに受付を済ませて下さい。

スケジュールはこちら
LINE始めました!
友達追加
クレジットカード利用可 QRコード決済 アニコム損害保険
動物夜間救急医療センター ER動物救急センター
ウサギおよび犬猫の救急の場合はこちら

HOME > ブログ > 犬のお話 > 幼少期に犬を飼っていた人は統合失調症になるリスクが低くなる!?

ブログ

< 新型コロナウイルス感染症について 2  |  一覧へ戻る  |  大阪空港に犬専用トイレ 国内初 >

幼少期に犬を飼っていた人は統合失調症になるリスクが低くなる!?

幻聴や幻覚を伴う統合失調症の

発症リスクに関する過去の研究で、

「盲目であることが

統合失調症から身を守る」ということが明らかになっています。

 

アメリカの研究チームが5.png

行った新たな調査によって、

「幼少期に犬を飼っていた人は

統合失調症になるリスクが少なかった」ということも判明しました。

 

統合失調症の発症リスクを

高める原因については、

遺伝的な要因があるほか、

子ども時代の家庭や学校における心理社会的なストレスも要因の一つといわれています。

そこで、研究チームは民間の精神病院と協力し、

統合失調症や双極性障害の発症リスクと

幼少期に飼っていたペットの関連について調査しました。

 

研究では、病院で治療を受けている396人の統合失調症患者と

381人の双極性障害の患者、対照群として594人の健康な人々を対象に調査を実施。

 

研究者は被験者に生まれてから12歳までの幼少期に

犬または猫を飼っていたかどうかを尋ね、

もしペットを飼っていた場合は最初にペットと接触した時期と、

最後にペットと接触した時期を回答してもらったとのこと。

 

調査の結果、被験者の半数以上が幼少期に犬を、

3分の1近くが幼少期に猫を飼っていたことがわかりました。

その他のリスク要因を排除して結果を分析したところ、

幼少期に犬と接触していた人は、統合失調症になるリスクが24%も低かったことが判明。

 

また、生まれた時点ですでに犬を飼っていた人においては、

統合失調症になるリスクが55%も少なかったと研究チームは述べています。

 

研究を率いたジョンズ・ホプキンズ大学のロバート教授は、

「犬が統合失調症に影響を及ぼすメカニズムはまだわかっていません」と述べつつも、人間の腸内細菌などの要素が統合失調症のリスクに影響を与えることを指摘。

 

犬を飼っていたことにより、

人間の腸内細菌や保持する微生物の種類が変動して、

統合失調症になるリスクを下げている可能性があると述べました。


出典https://gunosy.com/

 

 

 


カテゴリ:

< 新型コロナウイルス感染症について 2  |  一覧へ戻る  |  大阪空港に犬専用トイレ 国内初 >

同じカテゴリの記事

SFTS(マダニから移るウイルス)

さて、SFTSウイルスをご存知でしょうかsign02
2011年に初めて中国で報告されたウイルスです。
ヒトと動物の人獣共通感染症です。
このウイルスは一般にダニ(フタトゲチマダニなど)いわゆる草ダニの体内にいます。これが時にウイルスを保有するダニに咬まれてヒトが感染します。またイヌやネコもダニに咬まれることで感染し、それらの動物と濃厚に接触することでヒトが感染します。感染したヒトと濃厚に接触すると、ヒトも感染すると言われています。
ペットから飼い主さんに感染して事例もあります。
九州では獣医師やその動物病院の看護師に感染した例も出ています。
現在は西日本に多く報告されていますが、東日本に出ないとは限りません。

日本(世界かも)もだんだん熱帯化して、害虫も増えていると思います。
20200129-sfts-fig2.png
ヒトでの報告です。出典;国立感染症研究所 https://www.niid.go.jp/niid/ja/diseases/sa/sfts.html

フィラリアの予防と同時にノミダニの予防もキチンとやっていきましょう!sign03

大切な家族を守れるのは、飼い主さんだけですhappy02




SFTS その2 (マダニから移るウイルス)

前回のSFTSからの続きです。
ヒトにも感染しますと怖いことを書いてしまいました。
しかし、実際に日本で発症しているのは事実です。

このSFTSウイルスは草についているマダニの体内に潜んでいます。meneki_good.png
マダニの駆除予防をしましょう。
例年では4月中旬頃から予防してまいりました。
今は3月から予防を推奨します。
ワンちゃんネコちゃんを予防することも大きな目的ですが、
みなさんの家族も守らなければなりません。

今の新型コロナウイルス感染症みたいにパニックないならず、
冷静に事実を把握して、出来ることから取り組んでいきましょうsign03


大阪空港に犬専用トイレ 国内初

 

関西エアポートは210日、

大阪(伊丹)空港に犬専用のトイレを設けると発表した。111.png

 

愛犬と一緒に飛行機に搭乗する人向けで、

国内の空港としては初の試みという。

 13日から利用できる。

送迎用の自家用車などを待機させることができる屋外のスペースに併設する。
水洗機能が付いた小便用のポールや、ふんを捨てる汚物流しのほか、

シャワーや水飲み場なども配置し、午前5時半~午後10時まで利用できる。

 

関西エアによると、犬が搭乗後にお漏らしをする場合があることから、

利用客だけでなく航空会社からもトイレを望む声が出ていた。

 

広報担当者は「利便性の向上につなげたい」と話している。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


シェパード犬、猫を追って木に登るも下りられず救助 米


ジャーマンシェパードが木から下りられなくなってしまい、

消防士が出動して助け出す騒ぎがこのほどあった。

2歳になる犬の名前は「ベビー」。

飼い主によると、猫に強い関心を示す性癖があるという。

画像では、木のてっぺんにある枝の端部分にネコがうずくまり、

幹の上にベビーがいて向き合っているような様子が収められている。 

出動した消防士は今回のような救助は初めてと説明。

最初は冗談かと思ったと振り返った。 

猫はその後、無事に木から下りていた。

2.png


出典https://news.livedoor.com/





作物を荒らす猿除けのため、飼い犬をトラ柄にペイントした農

日本では田畑の作物を荒らす野生動物を追い払うために昔からカカシを使ってきたが、4.png

 

このほどインドで猿から作物を守るため、

飼い犬にちょっとした工夫を凝らしたことが話題になっている。

 

これが猿を追い払うのに成功したため

村中で流行り始めているようだ。


インドのカルナータカ州ナルル村で農家をしているスリカンス・ゴウダさんは

自分達でコーヒーなどを栽培しているが、

野生の猿に荒らされていることに頭を悩ませていた。

 

人間の姿を見ても恐れることのない猿に、

トラのぬいぐるみを使って追い払っていたようだ。

しかし猿はすぐにトラではないことに気づいてしまい、あまり効果がなかった。

そこで猿が本物のトラがいると見間違えそうになるものを思いついた。

 

飼い犬の“ブルブル(Bulbul)”にトラ柄の模様をペイントしたのだ。

 

ラブラドール・レトリバーと思われるブルブルは、

クリーム色の身体に黒の縞模様が描かれたが、

スリカンスさんによるとトラに扮したブルブルの猿除け効果について次のように語った。

 

「畑に毎日朝夕2回、ブルブルを連れて行くのですが、

猿がブルブルを見て逃げていくのを目にしました。

それ以来、猿は私の農地に来なくなったのです。」

 

さらにスリカンスさんの娘も、

「以前は猿による被害のためコーヒーの収穫に大きなダメージがありました。

猿を脅すためにブルブルをトラ模様にするというのは父のアイデアでした。

今では村のみんなが父のアイデアに感謝して同じように犬を使って猿を追い払っています」と明かしている。

 

このスリカンスさんのアイデアはSNS上で話題となり、

「猿を殺せと命じた州政府よりも賢い方法だと思うよ」

「猿は今、対策会議を開いている頃なんじゃない?」

「犬に虎のような服を着せたらどう?」といった意見があがっている。

 


このページのトップへ