HOME > ブログ > 猫のお話 > 三つ子の魂ニャンくまで!

ブログ

< 4月になりました  |  一覧へ戻る  |  スーパーヒーローわんちゃん参上!? >

三つ子の魂ニャンくまで!

某動画サイトにて、猫ちゃんの幼少時と成長後を比較した動画が話題になっています。
作品名は「KITTEN and CAT」というものですが、
成長して大人になったと思ったら、やっていることが小さい時と同じことをしていたり、
その様子は、とてもカワイイです。

ぜひ、動画を見て頂くと共に、我が家の猫ちゃんも動画に撮って、
保存し、大きくなってから、その動画を見直してみると、
笑みが出まくりの作品になるかもしれませんね。

 


カテゴリ:

< 4月になりました  |  一覧へ戻る  |  スーパーヒーローわんちゃん参上!? >

同じカテゴリの記事

「ケンカの仲裁をする猫」

皆さんはけんかが起こった時なんとなく仲裁に入るなんてことはのはよくあることだろうか。
そんなことがネコちゃんの世界でも存在するようなのだ。
YouTubeに投稿されているこの動画は、威嚇し合う2匹の猫が映し出される。
いつケンカが始まってもおかしくないガンの飛ばしあいだ。
そしてついに、1匹が猫パンチを放つ!大ゲンカ勃発か!?と、
その時、画面外から第3の猫の登場だ。
20180424180238-8954391b2f6e3137cd6372640d2c70ba39873fa3.jpg

 


 

ころん。。。


 

 

3の猫が2匹の間で横になってゴロゴロしだしこれには思わず激怒していた猫もふんわり解散、ノーゲームに。
こんなほのぼのとした平和解決をぜひ人間の間でも見てみたいものだ。。。


ある男性の実験が衝撃的!

「あなたが死んだら猫はどんなリアクションを取るんだろう?」と質問を受けた男性が、ネコちゃんの前で死んだフリをしてみることにしたそうだ。
男性は胸を押さえ床に倒れ込むと、小さく鳴いては男性の匂いを嗅いだり、見つめたり…。
やはり人を心配してくれているのかなと思った次の瞬間sign03
なんとネコちゃんも同じポーズをとったのだ。wobbly
パートナーには嘘もばれてしまうと教えてくれた話であった。
 

イギリスの人気講師の猫ちゃん


 

イギリスのチェスター大学に、人気講師の猫ちゃんがいます。彼女の名はカラフル・ミリー。

 

 

彼女は大学の近所に住んでいるのですが、

大学を第2の家と考え、大学のキャンパス内をパトロールしたり、講師室にいて学生をビックリさせてたり、授業で沢山の学生に混じって受講したりしています。

彼女の事は、みんな大好きで、大学の職員や学生のストレス軽減につながっているようです。20180223095840-7d7c55865a3ff9aa8ab5bc5e7a33f932afb5c8e7.pngのサムネイル画像

 

やっぱり、猫ちゃんがいる環境は、癒されちゃいますね。


猫がたくさんいるなかで掃除機をかけると?

海外で、たくさんの猫がいるなかで、掃除機をかけるとどうなるか?
という写真が話題になっています。20180127165004-e5c1aa6fe3b1dd4e768806bbe701527c3e254ea5.jpg
ある猫の保護施設で働くボランティアさんが、掃除機のスイッチを入れた所、
その場にいた猫たちが、20180127165033-a27302fb5bb194974e90cdb7cbdef81e6e3d2f5d.jpg
一斉にキャットタワーに避難。
20匹以上いた猫たちがキャットタワーに連なりました。
猫ちゃんにとって、掃除機は大きな音が出る恐ろしい怪物みたいなものとして感じているのかもしれないですね。

毛づくろいに何度も挑戦!

猫は、身だしなみを整えるなどで「毛づくろい」をしますが、20180127164454-688ff4c6106ef96b907e189c055260f062c9f02e.jpg
ある猫ちゃんの毛づくろいの様子が可愛く話題になっています。
むちむちの体型の猫ちゃんですが、毛づくろいしようと必死に、
体を丸めようとしますが、舌が届かず、後ろにコロン。
何度もチャレンジしようとしますが、やっぱりコロン。
体型が邪魔して上手く毛づくろいできず、転がってしまいます。
あまりの様子に、撮影していた飼主様も大笑い。
 
この可愛い猫ちゃんの動画は、YouTubeで「Fat cat trying
to clean himself」と検索していただければ、見れます。
ぜひ、可愛い様子を見て下さい。
 
可愛い様子もいいですが、ダイエットは大事ですね。20180127164532-76ff9f2d8c0dc869bd5f90aacd2f5eb30299adad.jpg

このページのトップへ