• うさホテル
  • スタッフ募集
すいれん動物病院 042-349-2777 map

〒187-0032
東京都小平市小川町1丁目783-2

>>アクセス

診療時間
午前 9:00~12:30
午後 15:30~19:00

休診日
水曜日、日曜日午後
(祝日:不定休)

当院は予約制ではありません。

初診の方は午前診察は12:00、午後診察は18:30までに受付を済ませて下さい。

スケジュールはこちら
LINE始めました!
友達追加
クレジットカード利用可 QRコード決済 アニコム損害保険
動物夜間救急医療センター ER動物救急センター
ウサギおよび犬猫の救急の場合はこちら
bn_caloopet_131151.jpg

HOME > ブログ > 5ページ目

ブログ 5ページ目

飼い主がストレスを感じると、犬もストレスを感じていることが判明

スウェーデン、リンショーピング大学の研究者は飼い主さんとワンちゃんのストレスの増減が一致していることを突き止めた!

 

今回の研究では、ストレスホルモンと呼ばれるコルチゾールに注目して調査をしました。

コルチゾールは血液の中を循環しながら、人間の髪や犬の毛に痕跡を残します。

つまり毛を調べるとストレス度合いがわかるのです。

 

ストレスと関係がありそうな項目として「犬用の庭、飼い主の労働時間、多頭飼い、性格」などがありますがこれらの項目は、ストレスとの関連性が見いだせなかったそうです。 意外ですね。

 

性別に関しては、オスよりはメスのワンちゃんのほうが、飼い主さんのストレスと強く関係しているという調査結果がでたようです。

こうしたことを考えると、もしかしたらメスのほうが飼い主さんへの共感力が高いのかもしれません。

抱きしめあってお互いを癒そう

 

 今日はヒドい1日だった――そんな風に思っているときこそ、帰宅後一番にワンちゃんを抱きしめてあげましょう。

 

柔らかい温もりにあなたは癒されることでしょう。それがワンちゃんの癒しにもつながります

2.png

 

 













出展:https://news.nicovideo.jp/


猛暑到来!!!

梅雨が明けて大変暑い日sunが続いていますねcoldsweats0120180703113014-2fc8972bd845fce1f772070ca62cbc2f5cedd440.jpg
人間もかなりバテバテですが、
動物たちもバテバテですbearing
動物病院に行く時など
炎天下の中、どうしても一緒に
お出かけをしなくてはいけない時には
少し工夫をしましょうhappy01

IMG_0251.jpg IMG_0252.jpg

upwardright

写真のようにキャリーに白いバスタオルをかけて、
スプレーで水をかけてみましょう。
気化熱を利用して放熱させてあげる。
これで絶対大丈夫という訳ではありませんが
短時間の移動であれば有効かと思います。
あくまでも一例なので、皆さんの創意工夫が必要です。

夏に負けず元気に乗り切りましょうsign03

かゆい所へ手が届かない猫

猫ちゃんはかゆくて、耳のあたりをポリポリしたかったようです。1.pngのサムネイル画像
 
しかし間にパソコンのモニターが!
何度チャレンジしてもポリポリかけている
実感がない!
 
最後は足をペロペロなめてしまうのでした♪

                                                                                                                
    出展:https://news.nicovideo.jp/
https://www.youtube.com/watch?time_continue=1&v=rYUd472XUFA

犬が死ぬ前に飼い主から隠れる理由

犬が死ぬ前に、飼い主から隠れるような行動をとることがあるという話。6.png

 

これは犬だけでなく、猫にも同じような噂が囁かれています。

 

しかし、なぜ犬は自信が死ぬ前に飼い主から隠れるのでしょうか?

 

一説では、「飼い主を悲しませないためではないか」とも言われていますが、本当の理由は少々異なるようです。

 

・「敵に襲われないよう」野生時代の名残

犬は元々野生動物として過ごしてきた歴史があります。現代の人間とともに過ごしている犬もその時代の習性が残っています。例えば、うんちをする際にくるくると回るのも、周囲に敵がいないかどうかを確かめるための習性が残っているためと言われています。

 

「犬が死ぬ前に隠れる」という行動も、野生時代の名残の1つ。死ぬ間際というのは体力もほとんど残っておらず、敵が襲ってきても戦ったり、逃げたりする気力が残っていません。そのため、野生の犬たちは死ぬ間際に仲間から離れ、1人静かに休める場所を探していたのです。

 

・弱い所を見られまいとする動物の本能

動物は敵に弱みを見せ、襲われてしまうといった事態を避けるため、基本的に自分の弱さを相手に見せないようにします。他にも犬は集団で行動していた動物のため、仲間に自分の弱った姿を見せたくないというプライドのようなものもあったのでは、と考えられています。

 

現代では敵に襲われるような状況はありませんので、愛犬には最後まで寄り添い、体を撫でてあげたり、声をかけてあげるなど、愛犬が幸せな気持ちで最期を迎えられるようにしてあげたいものです。


【猫背ってなんだっけ?】気持ちよさそうに眠る猫が話題に!

アフリカにて、ボランティア隊員を務めているTwitterユーザーの@t0miyasuさんの家には、
写真のようにニャンコが遊びにやってくることがあるのだそう。

 

ただ、時にはリラックスしすぎて猫らしからぬ姿で

眠ることも(笑)

 

頭の先から足先までピーンとなってしまっています!

4.png
5.png

 


サクサク感までフィギュアで完全再現

車の下でくつろぐトラネコが完全にエビフライだとネットで話題になり、職人さんがやはり光速でフィギュア化してくれました。

ネットの光速職人芸が光ったネコフライ。
ネットでは「シリーズ化したら即ガチャ」「相変わらずの超スピード」など、多くの反響が寄せられています。





20190523165918-edbe054308dbde96ca6c1c54927186062b4b1254.png

 


犬が飼い主にくっついて寝るのは「大好きだから」だけではない!?

部屋でくつろいでいるときに、愛犬がくっついて寝てくれるとうれしくなりますよね。

飼い主としての幸せを感じるひと時ではないでしょうか。

愛犬が飼い主にもたれ掛かったり、顎やお尻など体の一部をくっつけたりして寝るのは、もちろん飼い主のことを大好きだからこそですが、それ以外にも3つの心理が働いているようです。

1.温まりたい20190427095633-8ba0a927cfad381bc4dc55a62285be60fc483cae.png

犬だって寒いときはあります。特に、シングルコートの犬、短毛種、小型犬、子犬、高齢犬などは寒さに弱いとされています。

 

2.安心したい

犬が野生動物だった時代、眠る時には仲間同士で折り重なるようにしていたそうです。

その名残で、信頼できる相手に体をくっつけると安心できると言われています。

 

3.そばにいたい

できるだけ好きな相手のそばにいたいと思うのは、人も犬も同じ。飼い主さんのことが大好きなら、寝るときもくっついていたいと思っても不思議ではありません。

 

いつまでもこうした心理でくっついて寝てもらえるように、愛犬にとって信頼できる大好きな飼い主でいたいものです。


 


ヒナ鳥を拾わないでください

野鳥たちの巣立ちの季節です。20190523161746-be31bc209c4169ba1a5f5b9a5b1fb33b14dbf218.png
その時に巣から落ちてしまうこともしばしばあります。
もし仮にヒナを見つけても、そーっとしてあげてくださいclub
ヒトが保護すると親鳥とヒナを引き離すことになりますweep
そうなると自然界では生きて行けなくなります。
「助けてあげたい」という気持ちはよくわかるのですが、
『自然のしくみ』があります。
そーっとしげみに隠してあげてください。
お願いしますdelicious


くつろぎすぎる猫が話題に!

ソファーに寝そべって、まるで頬杖をついくようにくつろぐ猫。 くろすけ君。20190426192340-6496ef9e0992beccea33645e20add466acd716a5.png

 

ふかふかのソファーに寝そべって、気のせいか表情も落ち着き払っているような・・・(笑)

 

ちなみに、くろすけ君は保護猫カフェ出身で、現在の飼い主様に出会えたそうです。最高に幸せな場所と飼い主様に出会えて良かったですね♪






出展:https://gunosy.com/


イギリス発アンケート 若い飼い主が犬に求めるものは?

先ごろ、ペットフードのブランド「ユーカヌバ」が犬に関するアンケート調査を行いました。

その結果から、若い世代の飼い主が犬に求めているものは「友情」がトップであることがわかりました。

犬を飼う理由のトップは、46%の人が「友情」と答えています。

 

犬を飼っていることの最良の点は? という質問(複数回答可)には、55%の人が友情と答え、6.jpg
60%の人が犬がくれる無条件の愛情、をあげています。

また、84%の人は、「愛犬は毎日のストレスやプレッシャーに立ち向かうための精神的なサポートを与えてくれる」と答えています。

69%の人は、犬を迎えてから家族や友人の関係が良くなった とも答えています。

このようにアンケートの結果からは、可愛がるためや子供のような存在とは違う、対等な友達のような関係を犬に求める姿が浮かび上がってきました。

スマホ世代の若い人たちは、SNSを通じて常に誰かとつながっていますが、だからこそ、そんな世界とは別世界の犬との友情が必要だと感じているのかもしれません。

 


<<前のページへ12345678910

100件以降の記事はアーカイブからご覧いただけます。

このページのトップへ