• うさホテル
  • スタッフ募集
すいれん動物病院 042-349-2777 map

〒187-0032
東京都小平市小川町1丁目783-2

>>アクセス

診療時間
午前 9:00~12:30
午後 15:30~19:00

休診日
水曜日、日曜日午後

当院は予約制ではありません。

初診の方は午前診察は12:00、午後診察は18:30までに受付を済ませて下さい。

スケジュールはこちら
飼い主様の声 LINE始めました!
友達追加
アニコム損害保険
動物夜間救急医療センター ER動物救急センター
ウサギおよび犬猫の救急の場合はこちら

HOME > ブログ > 7ページ目

ブログ 7ページ目

愛犬といると健康的?

人暮らしでイヌを飼っている人は、心臓病や動脈硬化で亡くなるリスクが大幅に減る、
 という分析をスウェーデンの研究チームが、発表しました。
  研究の内容は一人暮らしでイヌを飼っている人は、
  飼っていない人より心臓、血管の病気で死亡するリスクが36%低いことがわかりました。
 イヌとのふれあいや社会的な交流が盛んになること、20171225105356-d2e473ef89fd0f4fabcfb9b510dc7f6b80e37680.jpgのサムネイル画像
 イヌになめられるなどして飼い主さんの免疫が活性化する可能性あると言われています。


ペットを飼うと若返る!?

ペットを飼うだけで10歳近く若返る効果に期待できる他に、うつ症状を和らげるなど精神面においてもメリットがあることがわかっています。20171225105140-aada8c18ad6b4735c768146e25d340a421fb75b8.jpg
若返りのメカニズムは、「オキシトシン」という物質が、脳内から分泌されることにあるそうですsign01
ペットに対して「かわいいlovely」と感じ、直接口に出していうことで、脳内からオキシトシンが分泌されます。
肌の調子が良くならないshock…!と悩んでいる女性は、オキシトシンの分泌量が減少傾向にあるのかもしれません。
若々しい肌質をキープするためにも、この機会にオキシトシンを意識した美活方法を実践してみてはいかがでしょうかsign02

猫の愛情が幼い男児を救う!

ロシアのある街で、集合住宅の玄関通路に置き去りにされた赤ん坊を一匹の野良猫が温め続け、20171225104652-e628bf6fb87cf0604191e75e63c16ce89c918e74.jpg
世話したことで人々の賞賛を浴びている。気温が0度を下回る中、集合住宅の通路の床に生まれて間もない男児が放置されていた。
マーシャ(Masha)と呼ばれる野良猫が、数時間にわたって男児を自分の体温で温めていた。
大きな泣き声を聞きつけた住人が自室のドアを開けたところ、床に横たわる男児とそばに寄り添って、
温めるマーシャの姿があったという。アナウンサーは「住人らは、猫が面倒をみていなければ、男児は助からなかった」と伝えた。
救急隊員らが到着し男児を救急車に乗せると、マーシャは後を追ってきたという。
マーシャは、子どもをどこに連れていくのかといった感じで、とても不安げだった。
マージャのお手柄で、赤ちゃんは病院で治療を受け、無事に助かりました。

人懐っこすぎて解雇された警察犬

警察で活躍するべく、子犬の頃からトレーニングを受けていたギャベルだが、
20171225104234-f985d2fd3396d90076317c97366c4c7791459139.jpgそのフレンドリーな性格が災いして、「捜査に必要な能力を発揮できない」と判断されてしまったという。
しかし、ギャベルは警察犬に向いていなかったものの、その人懐っこい性格を買われて、
同州の政庁で観光客やゲストを迎える接待役として雇われることになると、
本来の才能が開花!訪問者から絶大な人気を得ているというギャベルは、
どうやら政庁での仕事は天職でした。
どうせ仕事をするなら、自分に向いていて才能を発揮できる職場の方が良いに決まっています
。ギャベルが、適正にピッタリの仕事に就くことができて何よりでした。

 


師走

さて、今年もあとわずかですねshock
1年はあっという間に過ぎて早いですねcoldsweats01
年末が近づいてきますと、ご家庭でもお忙しくなるかと
思います。いろいろなイベント事が増えて、ペットさんたちの
家庭内事故が少し増えてきますweep
小さい動物さんは間違って踏まれたり、蹴り飛ばされたりする
事例がありました。
ワンちゃんdogネコちゃんcatはクリスマスケーキやお餅、
またはお酒(甘い日本酒やワイン)などを誤食誤飲されないように20161203173357-c94c59dc35da29b059c0ac46b8c1737a5cbabd86.jpg
ご注意下さい。
20161203173244-89d0c346464cdff652a41572833bd056c3f56529.jpg 20161203173318-ea02459a44a122f03ff63ab72b46594eae1958c6.jpg 

顔の色が真っ二つに分かれたニャンコが神秘的!

 

米ニュースサイト『Laughing Squid』によると、変わった毛皮の

パターンと目の色で話題になっているのは、サビ猫のキマイラだ。

顔の左側が真っ黒で右側がゴールドがかった茶色をしていて、20171127175845-dd7d3ccff2f5071e7c1256e8bb3aa99b877251a0.jpg
顔のカラーが真っ二つに分かれている。

特に、左目のブルーと真っ黒な毛皮のコントラストが鮮烈で、神がかり的な美しさを感じずにはいられない。

ギリシア神話に登場してもおかしくなさそうなニャンコは、Instagramでも大人気に!
すでに36万人以上がキマイラをフォロー中で、
その神秘的な雰囲気を醸し出すニャンコに、
多くのネットユーザーが魅了されているようだ。

まるで2つの顔を持っているように見えるキマイラ。
あまりの美しさに見とれつつ、
性格にも裏表があったりするのか気になってしまった次第である。

 

 

 


 


 


 


子牛を看病する犬

ラブラドール・レトリーバーのボスコは自宅の放牧場で一匹の瀕死の子牛を見つけた。
母牛は弱っており世話が出来なかったようでボスコが子牛を見つけた時、
子牛は冷えきった状態だったそうだ。家族は子牛を毛布に包み家の中で暖めたけれど、
はじめは子牛の目に輝きはなく、鼻は凍りついていて瀕死の状態だったという。

抗生物質を与えヒーターなども使い暖め続けたところ、20171127173503-35795d58157c98c99d5211f2fd1a7e89fb703e83.jpg
子牛は4時間後位には少し動けるようになったそうだ。
その間、ボスコは子牛のそばをずっと離れようとしなかったという。

みんなの手厚い看護の甲斐もあり、子牛は3日後には普通にミルクも飲めるようになり、数週間後には牛たちの群れの中に戻ることが出来たそうだ。


ウサギは寂しいと死んじゃう???

「ウサギは寂しいと死んじゃうの?」という質問を時々伺います。
結論から先に言いますと、『寂しいと死んじゃう』ことはありませんね。
しかし、ストレスを過度に与えると、体調不良を起こすことはよくあります。
この『ストレス』が何かということですね。。。
暑かったり、寒かったり、大きい音がしたり、知らない場所だったり、うさぎと一緒に長距離移動だったり、一晩中明るくしたりetc
生活の中には色々あります。
これらは飼い主さんがちょっとした注意で防ぐことが出来ます。。。。confident

「ウサギは寂しいと死んじゃう」からと言って、家族のみんながそれぞれ過剰に触れ合い過ぎると、
ストレスでご飯食べなくなり、大変具合が悪くsadなりますので、注意してあげてくださいねhappy01



お金をもらうことが得意なネコちゃん

「見知らぬ人から、お金を貰うことが得意なニャンコ」が、ネットで密に  
話題になっています。マーケティング会社で飼われている元捨て猫「ワインズ」君。
従業員が退社した後も、ずっと会社に残っているニャンコです。20171027171009-1e459ebb1d894bceadb8a6a9881f22ad273cc280.jpg
毎朝、会社に社員が出勤すると、不可思議な現象が起こるように……。
なぜだか理由は不明だが、会社の入口のガラス戸の内側に、毎朝何枚か1ドル紙幣が落ちているのである。
なんと、通りがかりの人が、オモチャ代わりに1ドル紙幣でワインズと遊んでいるうちに、ワインズがお札を奪っていました。
そんなビックリな特技を持つカインズですが、もともと捨て猫でした。 
現在は、稼いだお金をホームレス救済団体に寄付しています。

ワンちゃんネコちゃんの秋検診のお知らせ

ワンちゃんネコちゃんの秋検診のお知らせ!20170912160925-784e29fbee0658ff30afd69020536ed813e503a9.png

ワンちゃんネコちゃんの秋検診は 2018年1月27日(土)までです。

春の検診とは違ったメニューになります。
特にシニア世代のワンちゃんdogネコちゃんcatには
オススメです。


来年1月27日までのお得なキャンペーンですhappy01
5つのコースをご用意しております。
各々単発で検査するより、セット価格で大変お得ですhappy01

詳しくは当院スタッフにお尋ねください。

この機会に、可愛いうちの子heart04の健康診断をしてみませんか?


<<前のページへ12345678910

100件以降の記事はアーカイブからご覧いただけます。

このページのトップへ