HOME > ブログ > 9ページ目

ブログ 9ページ目

うさぎの鼻涙管洗浄

うさぎの流涙weepはよく見られる症状です。
原因は様々ですが、多いのが鼻涙管という
管が詰まってしまうことにより、起こることが
多いです。
当院で点眼麻酔のみで、処置をおこなっております。
(しかし、なかには大暴れをしてしまううさぎさんもいますね。
滅多にありませんが、飼主さんと相談して麻酔してからする場合も時々ありますcoldsweats01

実際の当院の処置風景です。
 downwardright
鼻涙管洗浄

鼻から生理食塩水が出れば、閉塞解除です。smile

うさぎの骨折

うさぎは骨が非常に脆いです。
うさぎは体重の1/13が骨の重量です(因みに猫は1/8)
出来るだけ体の重さを軽くして、瞬発力を上げているのです。
骨折の原因は様々ですが、1番多いのが抱っこ中からの落下だと思います。

当院で治療したうさぎさんです。
部屋の中で走っていたら突然前肢を挙げてしまった。
ゆび1.jpgのサムネイル画像

処置後はこのようになりました。
ゆび2.jpg
少し曲がってしまいましたが、本ウサギは元気に飛び跳ねています。

ER府中

2017年3月4日(予定)に犬猫の救急2次動物病院が府中に開院します。
当院の患者さんにはこれまでは少し遠方にまで足を運んで頂いてましたが、
より近くに救急2次動物病院が開院したことは喜ばしいことですhappy01
受診の希望の際は、ERへあらかじめご連絡の上、来院してください。

夜間往診専門動物病院

この度、夜間往診専門動物病院の梅原動物病院さんとHPをリンクさせていただきました。
うさぎさんの診察をしていただけますので、いざという時は心強いと思います。
当院HPの下方にスクロールしていただけますと、リンクバナーがありますので
クリックして参照してください。

事故

最近、痛ましい交通事故が増えてきました。
このようなニュースが飛び込んで来ました。
http://www.sankei.com/west/news/161222/wst1612220051-n1.html
当院も待合室の目の前が駐車場です。
段差がありますので、入りにくい場合は無理せずに
当院のスタッフまでお声かけ下さい。
駐車が苦手なのは仕方が無いので
後で取り返しのならない様に、お声をおかけ下さい。
決して、他の施設に無断駐車しないようにお願い致します。




うさぎの胸部疾患

今回はうさぎの胸部疾患のお話しです。
高齢に近づいたうさぎさんは
胸部疾患の症例が増えてきます。(特に避妊 手術していないメスうさぎさん)
症状は突然のように、飼主さんは気付きます。
しかし、小さいサインは出しています。
主な症状としては
1.排便が少なくなり、大きさが小さくなります。眼球突出.jpgのサムネイル画像
2.食欲が落ちる。好きなものしか食べなくなる。
3.呼吸が荒くなり、前歯が頻繁に観られるようになる。
4.頭を上に向けて、あたかも池のコイが餌を貰うように口をパクパク開けるような仕草をする。
5.両眼が飛び出してるようにみえる。(写真)

もしそのような症状がみられたら、ご相談ください。

台風

こんにちはhappy01
本日午後より台風による雨rainが心配ですね。
皆様もくれぐれもご注意ください。
台風が過ぎ去った後、湿った空気が吹き込んできます。
太陽sunが出てきて、
台風の雨と太陽の暑さで温度も湿度も上がってきます。
熱中症impactの発生があがりますので、
人間もペットさんもお気をつけ下さい。
台風.jpg


ヒナ鳥

野鳥たちの巣立ちの季節です。ヒナ.png
その時に巣から落ちてしまうこともしばしばあります。
もし仮にヒナを見つけても、そーっとしてあげてくださいclub
ヒトが保護すると親鳥とヒナを引き離すことになりますweep
「助けてあげたい」という気持ちはよくわかるのですが、
『自然のしくみ』があります。
そーっとしげみに隠してあげてください。
お願いしますdelicious

「もしも、、、」

4月15日夜に九州熊本で地震が発生しました。
被災された方には心よりお見舞い申し上げます。

みなさんは「もしも」の備えはいかがですか?
災害は被災者全員に訪れると言ってもいいです。
『防災』いや、『減災』に努めましょうpouch
まずは「ご自身」、「家族」、そして「ペットたち」。
<最初はペットたちでしょsign03>とご批判もあると思いますが、
ペットたちは自分一人ではなかなか生けていけません。
まずは飼い主さんが無事でいないといけません。
私たち獣医師も自分が無事で動けないと、みんなを助けることもできません。
批判はあるかもしれませんが、私はまずは「自分」、「家族」・そして患者さんです。
災害医療は限られて中でしか出来ません。
通常では、重症患者が優先ですが、有事災害時ではトリアージが欠かせません。
飼主さん(家族)には恨まれるかもしれません、理解できないかもしれませんが、
より多くの患者を助けるためには止む終えないです。
有事災害時はみなさんの助け協力が必要です。
備えあれば憂いなしpaper
みなさんも災害には十分に対策しておきましょう・

以下のサイトはペットの防災のサイトです
   downwardright
http://leonimal.aisocial.jp/bo-sai/

狂犬病予防接種について

まだまだ寒さがつづいていますね、みなさんいかがお過ごしでしょうかsign02狂犬病1.jpg

本日は狂犬病について書かせて頂きますsun

2013年に台湾で狂犬病がアナグマから見つかったニュースをご存知でしょうかsign02

50年以上狂犬病がなかったとされていた台湾で狂犬病が発生したのですsign03

日本同様に島国である台湾で狂犬病が存在するということは

狂犬病がないといわれている日本もいつ狂犬病の脅威にさらされるかわからないということですwobblysweat01狂犬病2.jpg

その脅威にさらされないためにも日本にいる全飼い犬に対して狂犬病のワクチンをすることが法律で義務づけされていますimpact

2014年3月にアフリカで集団感染の起こったエボラ出血熱で全世界が恐怖におびえましたwobbly
あのエボラ出血熱の致死率は最高で90%と言われていますが、
狂犬病は発症したら犬でも、猫でも、人でも100% 死亡してしまいますsweat01

アフリカ大陸で起こった病気でさえ怖い思いをしているのですから
隣の台湾、中国、韓国、ロシアに存在する狂犬病にたいして対策を義務づけるのは当然なのかもしれませんsign03

狂犬病に関しては予防が出来るということが幸いなところですupup

4月から狂犬病の予防接種のシーズンが来ますflair

室内犬を飼う人がおおくなったために狂犬病の予防率が年々下がっていると言われていますsweat01

室内犬でも例えばペットホテル等に預ける際に、狂犬病やワクチン接種証明書が必要であったり、

もしわんちゃんがだれかを咬んでしまった時に狂犬病の予防接種をしてないと大変面倒な問題になってしまうこともありますbombsweat01

こういった理由も踏まえて、わんちゃんの狂犬病や他の病気のワクチン接種も推奨しておりますhappy01

動物と人との生活をよりよくしていくために、参考にして頂ければ幸いですdogcat

参考記事 産経新聞 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160223-00000095-san-soci



<<前のページへ12345678910

アーカイブ

このページのトップへ