• うさホテル
  • スタッフ募集
すいれん動物病院 042-349-2777 map

〒187-0032
東京都小平市小川町1丁目783-2

>>アクセス

診療時間
午前 9:30~13:00
午後 16:00~19:30

休診日
水曜日、日曜日午後

当院は予約制ではありません。

初診の方は診療時間終了1時間前までにご来院し、受付をお済ませください。

スケジュールはこちら
飼い主様の声 LINE始めました!
友達追加
アニコム損害保険
動物夜間救急医療センター ER動物救急センター
ウサギおよび犬猫の救急の場合はこちら

HOME > 事例から探す > > イボ

事例から探す

< うさぎの前歯の不正咬合  |  一覧へ戻る  |  多飲多尿 クッシング症候群 >

イボ

治療前拡大.jpg本日はクライオサージェリーという機械を使って治療を行った症例について紹介させて頂きます

クライオ治療前.jpg








治療中.jpg




ねこちゃんの後ろ足にできたイボにこのクライオサージェリーを使って治療してみました。この機械でイボを凍結冷却していきます。

冷却は1分くらい行うので一回の治療はものの5分、10分程度で終わります。
クライオ治療後.jpg
この治療を一週間に1回行い、これを3回ほど繰り返します。

イボが一時的に冷却されて、治療中は右の写真のようにイボが黒くなってしまうこともありますが

今回のねこちゃんのイボはキレイに無くなりました。

この治療は麻酔等は一切使用しません。

『痛くないんですかsign02』という質問がありますが、氷を触った時のように少しチクッとするだけです。

そのため、患者さんの負担も少なくて済みます。















< うさぎの前歯の不正咬合  |  一覧へ戻る  |  多飲多尿 クッシング症候群 >

カテゴリ:

このページのトップへ