• うさホテル
  • スタッフ募集
すいれん動物病院 042-349-2777 map

〒187-0032
東京都小平市小川町1丁目783-2

>>アクセス

診療時間
午前 9:30~13:00
午後 16:00~19:30

休診日
水曜日、日曜日午後

当院は予約制ではありません。

初診の方は診療時間終了1時間前までにご来院し、受付をお済ませください。

スケジュールはこちら
飼い主様の声 LINE始めました!
友達追加
アニコム損害保険
動物夜間救急医療センター ER動物救急センター
ウサギおよび犬猫の救急の場合はこちら

HOME > 事例から探す > > 多飲多尿 クッシング症候群

事例から探す

< イボ  |  一覧へ戻る  |  多飲多尿 慢性腎不全 >

多飲多尿 クッシング症候群

秋から冬にかけてのこの時期、よく水を飲む、おしっこをするということで病院にいらっしゃる方が増えてきますsnow

夏には飲水量が多くてもあまりに気にならなかった飼主さんたちが、お水を飲む量が変わらないだとか最近お漏らしをするとかで相談にいらっしゃる方がいますwave

いわゆる多飲多尿のわんちゃんねこちゃんはもしかしたら病気なのかもしれませんsign02

ここで多飲多尿と関係する病気を幾つかあげてみますflair
多飲多尿.png
・糖尿病
腎不全
副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群)
子宮蓄膿症
・尿崩症
・甲状腺機能亢進症


本日は上記の中で、副腎皮質機能亢進症(以下 クッシング症候群)について紹介させて頂きますdogcat

クッシング症候群とは副腎という臓器からコルチゾールというホルモンが過剰に分泌されてしまう病気ですbomb

原因は、脳の下垂体という部分の異常によるもの、あるいは副腎の腫瘍によるもの、の2つですsign01

症状としては、
・多飲多尿
・お腹が膨れてくる
・パンティング(ハアハアする)
・左右対称に毛が抜ける
・食べているのに痩せていく
などがありますsweat01

これらの症状がある場合にはクッシング症候群が疑われますsign03

病気が進行してくると、眠ってばかりだったり、元気がなくなったりするようになりますdown

免疫力も低下してくるため、皮膚の疾患や膀胱炎を起こしたり様々な感染症にかかりやすくなりますdowndown

さらに糖尿病を併発したり、放っておけば命にかかる病気ですsweat01

しかしこの病気は予防することが出来ません。そのため、早期発見、早期治療することが大切ですflair

気になる症状等ございましたら、早めに動物病院の診察を受けるようにしましょうsign03

< イボ  |  一覧へ戻る  |  多飲多尿 慢性腎不全 >

カテゴリ:

このページのトップへ