HOME > お知らせ > コロナ禍での熱中症対策

お知らせ

< 新型コロナウイルス感染拡大について  |  一覧へ戻る  |  ワンちゃんネコちゃん秋冬健診のお知らせ >

コロナ禍での熱中症対策

環境省から熱中症予防のガイドラインが発表されました。
それを受けて、当院では夏の待ち時間の外で待つ場合についてご協力をお願いします。
one 病院外では、人との距離が十分に確保できている場合は、マスクを外してください。
院内に入る場合のみマスク着用をお願いします。
two 他の飼主さんの動物には触らないように(近づかないように)お願いします。
three 車内で待つ場合には、ウインドウを全開にする、もしくは前向き駐車にしていただき、エンジンをかけてエアコンをつけてください。
(環境には問題がありますが、仕方ないと思っています)

Microsoft Word - コロナお願いポスター.夏用docx.jpg  Microsoft Word - コロナポスター2夏用.jpg

環境省HPより抜粋
熱中症予防行動の留意点
(1) 「新しい生活様式」における熱中症予防行動のポイント
○ 夏期の気温・湿度が高い中でマスクを着用すると、熱中症のリスクが高くなるおそれがあり

 ます。このため、屋外で人と十分な距離(少なくとも2m以上)が確保できる場合には、熱中
 症のリスクを考慮し、マスクをはずすようにしましょう。

※屋内運動施設での運動は、新型コロナウイルス感染症のクラスター(集団感染)のリスクが高いことか ら、お住まいの自治体の情報に従いましょう。

○ マスクを着用している場合には、強い負荷の作業や運動は避け、のどが渇いていなくてもこ
 まめに水分補給を心掛けるようにしましょう。また、周囲の人との距離を十分にとれる場所
 で、適宜、マスクをはずして休憩することも必要です。
○ 新型コロナウイルス感染症を予防するためには、冷房時でも換気扇や窓開放によって換気を
 確保する必要があります。この場合、室内温度が高くなるので、熱中症予防のためにエアコン
 の温度設定をこまめに調整しましょう。
○ 日頃の体温測定、健康チェックは、新型コロナウイルス感染症だけでなく、熱中症を予防す
 る上でも有効です。体調が悪いと感じた時は、無理せず自宅で静養するようにしましょう。
○ 3密(密集、密接、密閉)を避けつつも、熱中症になりやすい高齢者、子ども、障害者への
 目配り、声掛けをするようにしましょう。

https://www.wbgt.env.go.jp/pdf/20200526_doc.pdf

< 新型コロナウイルス感染拡大について  |  一覧へ戻る  |  ワンちゃんネコちゃん秋冬健診のお知らせ >

このページのトップへ