ブログ

幼少期に犬を飼っていた人は統合失調症になるリスクが低くなる!?

幻聴や幻覚を伴う統合失調症の

発症リスクに関する過去の研究で、

「盲目であることが

統合失調症から身を守る」ということが明らかになっています。

 

アメリカの研究チームが5.png

行った新たな調査によって、

「幼少期に犬を飼っていた人は

統合失調症になるリスクが少なかった」ということも判明しました。

 

統合失調症の発症リスクを

高める原因については、

遺伝的な要因があるほか、

子ども時代の家庭や学校における心理社会的なストレスも要因の一つといわれています。

そこで、研究チームは民間の精神病院と協力し、

統合失調症や双極性障害の発症リスクと

幼少期に飼っていたペットの関連について調査しました。

 

研究では、病院で治療を受けている396人の統合失調症患者と

381人の双極性障害の患者、対照群として594人の健康な人々を対象に調査を実施。

 

研究者は被験者に生まれてから12歳までの幼少期に

犬または猫を飼っていたかどうかを尋ね、

もしペットを飼っていた場合は最初にペットと接触した時期と、

最後にペットと接触した時期を回答してもらったとのこと。

 

調査の結果、被験者の半数以上が幼少期に犬を、

3分の1近くが幼少期に猫を飼っていたことがわかりました。

その他のリスク要因を排除して結果を分析したところ、

幼少期に犬と接触していた人は、統合失調症になるリスクが24%も低かったことが判明。

 

また、生まれた時点ですでに犬を飼っていた人においては、

統合失調症になるリスクが55%も少なかったと研究チームは述べています。

 

研究を率いたジョンズ・ホプキンズ大学のロバート教授は、

「犬が統合失調症に影響を及ぼすメカニズムはまだわかっていません」と述べつつも、人間の腸内細菌などの要素が統合失調症のリスクに影響を与えることを指摘。

 

犬を飼っていたことにより、

人間の腸内細菌や保持する微生物の種類が変動して、

統合失調症になるリスクを下げている可能性があると述べました。


出典https://gunosy.com/

 

 

 

「犬のお話 」の記事

シニア犬のためのバリアフリーは何をすればよいのか?

ワンちゃんにとって居心地の良い環境づくりに役立つ情報を紹介します。 まず、シニアになると、筋力低下や...

"英国で最も危険な植物"に触れた犬 

イギリスで最も危険と恐れられている植物は、 毎年夏が近づいてくると多くの被害者を出している。 こ...

ワクチン副反応で横になっている姿が羨ましいと話題

体調不良の時、誰かそばにいてくれると安心しますよね。 ペットが心配して、飼い主さんに寄り添ってくれる...

まるで生きているみたいな羊毛フェルト

大切なペットとの想い出を写真や動画で撮影するのはもはや当たり前ですが、 なかには羊毛フェルトを使って...

何の動物か判別不能!毛が伸びっぱなしの野良犬を保護

米国でこのほど、全身の毛が伸び放題となった野良犬が保護される出来事があったとCNNが報道した。 連...

ボルボの愛犬用ドッグベッドが話題

世界の自動車メーカーの中で、 いち早くすべての車種の電動化を果たしたのが、 北欧、スウェーデンのボル...

最新の記事

シニア犬のためのバリアフリーは何をすればよいのか?

ワンちゃんにとって居心地の良い環境づくりに役立つ情報を紹介します。 まず、シニアになると、筋力低下や...

年末年始のうさぎホテル

年末年始のうさぎホテルのお知らせです! 2021年12月26日(日)〜2022年1月6日(木)...

大好きなパパの帰宅を待つピューマ、動画サイトで話題

ロシアで暮らすピューマの「メッシ」くんと飼い主さんの動画がユーチューブで話題です。 劣悪な環境の...

ハロウィンコスチューム 「スパイダーニャン」

猫用ハロウィンコスチュームの写真がTwitterで注目を集めています。確かにこのコスチュームは人目を...

吾輩は社猫である 所属は「癒し課」

東京都足立区に、猫を社員として迎えているユニークな会社がある。 同人誌などの印刷を担う「しまや出版」...

"英国で最も危険な植物"に触れた犬 

イギリスで最も危険と恐れられている植物は、 毎年夏が近づいてくると多くの被害者を出している。 こ...