ブログ

10歳少年が3300万円調達!警察犬に防弾ベスト贈る

アメリカ、オハイオ州の10歳の少年がテレビ番組で警察犬が防弾ベストを着用していないことを知り、

この問題を解決しようと取り組みを始めた。

 

なんと警察犬用の基金を立ち上げ、

これまでに31万5000ドル(約3300万円)を集め、257頭に防弾ベストを提供している。

この運動に取り組んでいるのは

ブレディー・スナコフスキーくん(10)。

2年前、テレビ番組を見ていて、警察犬は訓練士と違って守られていないことに気が付いた。

母親のリア・トルナベネさんは10222.png

「一緒に番組を見ていたが、

私は犬がベストを着けていないことに気がつかなかった。

8歳の子どもがそこに問題があることに気づき、

問題の解決策も見つけて、とても驚いた」と振り返る。

 

 

ブレディーくんは非営利の「K9」基金を創設し、

警察犬や軍用犬に防弾ベストを提供するための資金を集めた。

資金調達サイト「ゴーファンドミー」でページを開設し、

最初のベスト4着を購入した。

 

今では調達額は31万5000ドルに上り、257頭に防弾ベストを提供した。提供先は米23州やカナダのほか、アフガニスタンの軍用犬にも防弾ベストを提供している。

 

何頭もの警察犬が目を引くが、ブレディーくんのお気に入りは1頭だ。

警察犬のベニーがお気に入りで、理由は、訓練士が感謝のあまり泣き出してしまったからだという。

ベニーの訓練士とも友達になったという。

ブレディーくんは最近、新しいプロジェクトにも取り組んだ。

地元の近くにドッグパークを作り、1週間に1日閉鎖して、

その日は警察犬が訓練士と一緒に訓練する日にあてるという。

ブレディーくんはパークと基金を通じて

出来る限り多くの警察犬を支援したいと語っている。

 

                               出典:https://www.cnn.co.jp/

「犬のお話 」の記事

シニア犬のためのバリアフリーは何をすればよいのか?

ワンちゃんにとって居心地の良い環境づくりに役立つ情報を紹介します。 まず、シニアになると、筋力低下や...

"英国で最も危険な植物"に触れた犬 

イギリスで最も危険と恐れられている植物は、 毎年夏が近づいてくると多くの被害者を出している。 こ...

ワクチン副反応で横になっている姿が羨ましいと話題

体調不良の時、誰かそばにいてくれると安心しますよね。 ペットが心配して、飼い主さんに寄り添ってくれる...

まるで生きているみたいな羊毛フェルト

大切なペットとの想い出を写真や動画で撮影するのはもはや当たり前ですが、 なかには羊毛フェルトを使って...

何の動物か判別不能!毛が伸びっぱなしの野良犬を保護

米国でこのほど、全身の毛が伸び放題となった野良犬が保護される出来事があったとCNNが報道した。 連...

ボルボの愛犬用ドッグベッドが話題

世界の自動車メーカーの中で、 いち早くすべての車種の電動化を果たしたのが、 北欧、スウェーデンのボル...

最新の記事

シニア犬のためのバリアフリーは何をすればよいのか?

ワンちゃんにとって居心地の良い環境づくりに役立つ情報を紹介します。 まず、シニアになると、筋力低下や...

年末年始のうさぎホテル

年末年始のうさぎホテルのお知らせです! 2021年12月26日(日)〜2022年1月6日(木)...

大好きなパパの帰宅を待つピューマ、動画サイトで話題

ロシアで暮らすピューマの「メッシ」くんと飼い主さんの動画がユーチューブで話題です。 劣悪な環境の...

ハロウィンコスチューム 「スパイダーニャン」

猫用ハロウィンコスチュームの写真がTwitterで注目を集めています。確かにこのコスチュームは人目を...

吾輩は社猫である 所属は「癒し課」

東京都足立区に、猫を社員として迎えているユニークな会社がある。 同人誌などの印刷を担う「しまや出版」...

"英国で最も危険な植物"に触れた犬 

イギリスで最も危険と恐れられている植物は、 毎年夏が近づいてくると多くの被害者を出している。 こ...