ブログ

離婚夫婦のペット所有権に関する相談を弁護士が解説

弁護士相談に、ペットを夫婦のどちらが引き取るかで争っているという相談が複数寄せられているようです。

犬や猫などのペットを「家族の一員」として大切にしている人は少なくありません。

結婚後に飼い始めたペットの親権はどのように決まるのでしょうか。

 

ペット問題に詳しい細川敦史弁護士の解説をお届けします。

 

そもそも、ペットの「親権」を主張することはできるのでしょうか。

少なくとも法律上は、ペットを人と同じように扱うことはできません。

民法でのペットの分類は「モノ」、正確に言うと「動産」です。

 

一般論として結婚・婚姻期間中に飼い始めたペットであれば「購入した」、「無償で譲り受けた」など、どのような経緯でも「共有財産」であり、財産分与の対象になると考えられます。

 

そのため、裁判所外の離婚協議であれば

ペットをどちらが引き取るか話し合うことは可能です。

 

ただし、協議ではまとまらず離婚調停をおこなう場合、

裁判所としては財産的価値がない動産であるとして調停の対象としない可能性もあるため、注意が必要です。

 

話し合いでペットをどうするかについて決着がつかない場合はどうなるのでしょうか。

その他の夫婦共有財産とあわせて、裁判所が判断することになると思われます。

 

動物は、モノとは違って「命あるもの」(動物愛護管理法2条)であることから、

子どもの親権を決めるときの考え方を応用できると考えられます。

 

たとえば、普段の餌や水、糞尿の処理、散歩などの世話をしていたのはどちらか、別れた後の居住環境が整っているか(特にペット可の物件か)、十分な収入があるかといった事情が重要なポイントです。

 

ちなみに、夫婦の一方が結婚前から飼っていたペットは、

連れてきた側の特有財産で、個人のものとなります。

 

もう一方が、主に世話をしてかわいがり、ペットがなついている場合でも、

結論は変わらず、離婚時は所有者としてペットを引き取ることが可能です。

 

子どもの親権と同様に、「ペットの立場に立って」、

ペットにとって幸せな環境を冷静に考えていく必要があるでしょう。

出典https://news.livedoor.com/

「犬のお話 」の記事

犬がおなかを見せてくるのは服従のサインだけじゃない!

ワンちゃんが何気なく見せる行動のメッセージを理解しているでしょうか?   同じ仕草であっても、色々な...

ペット可物件に潜む「高額請求トラブル」の不条理

独立行政法人・国民生活センターには、賃貸物件の敷金や原状回復をめぐるトラブルの相談が毎年寄せられてい...

シニア犬のためのバリアフリーは何をすればよいのか?

ワンちゃんにとって居心地の良い環境づくりに役立つ情報を紹介します。 まず、シニアになると、筋力低下や...

"英国で最も危険な植物"に触れた犬 

イギリスで最も危険と恐れられている植物は、 毎年夏が近づいてくると多くの被害者を出している。 こ...

ワクチン副反応で横になっている姿が羨ましいと話題

体調不良の時、誰かそばにいてくれると安心しますよね。 ペットが心配して、飼い主さんに寄り添ってくれる...

まるで生きているみたいな羊毛フェルト

大切なペットとの想い出を写真や動画で撮影するのはもはや当たり前ですが、 なかには羊毛フェルトを使って...

最新の記事

猫がヒモを飲んだ!マンガが話題

愛猫がヒモを飲み込んでしまった。 思わず青ざめてしまいそうな体験漫画が、 Twitterで紹介されて...

犬がおなかを見せてくるのは服従のサインだけじゃない!

ワンちゃんが何気なく見せる行動のメッセージを理解しているでしょうか?   同じ仕草であっても、色々な...

ペット可物件に潜む「高額請求トラブル」の不条理

独立行政法人・国民生活センターには、賃貸物件の敷金や原状回復をめぐるトラブルの相談が毎年寄せられてい...

2022冬のうさぎドックキャンペーン

うさぎドック冬キャンペーンのお知らせ! うさぎドック冬キャンペーンを実施します。 新型コ...
noimage

『3歳女児、大型犬に顔や首を何度もかみつかれ重傷...家族が制止したが引き離せず』

このようなニュースがありました。 ↓ 『3歳女児、大型犬に顔や首を何度もかみつかれ重傷...家族...

黄金比で測った結果、最も美しい&醜い顔をもつ猫種は?

顔のパーツの配置が黄金比に近いほど、男性はハンサムで女性は美しいとされます。 人間だけではなく猫にも...