ブログ

離婚夫婦のペット所有権に関する相談を弁護士が解説

弁護士相談に、ペットを夫婦のどちらが引き取るかで争っているという相談が複数寄せられているようです。

犬や猫などのペットを「家族の一員」として大切にしている人は少なくありません。

結婚後に飼い始めたペットの親権はどのように決まるのでしょうか。

 

ペット問題に詳しい細川敦史弁護士の解説をお届けします。

 

そもそも、ペットの「親権」を主張することはできるのでしょうか。

少なくとも法律上は、ペットを人と同じように扱うことはできません。

民法でのペットの分類は「モノ」、正確に言うと「動産」です。

 

一般論として結婚・婚姻期間中に飼い始めたペットであれば「購入した」、「無償で譲り受けた」など、どのような経緯でも「共有財産」であり、財産分与の対象になると考えられます。

 

そのため、裁判所外の離婚協議であれば

ペットをどちらが引き取るか話し合うことは可能です。

 

ただし、協議ではまとまらず離婚調停をおこなう場合、

裁判所としては財産的価値がない動産であるとして調停の対象としない可能性もあるため、注意が必要です。

 

話し合いでペットをどうするかについて決着がつかない場合はどうなるのでしょうか。

その他の夫婦共有財産とあわせて、裁判所が判断することになると思われます。

 

動物は、モノとは違って「命あるもの」(動物愛護管理法2条)であることから、

子どもの親権を決めるときの考え方を応用できると考えられます。

 

たとえば、普段の餌や水、糞尿の処理、散歩などの世話をしていたのはどちらか、別れた後の居住環境が整っているか(特にペット可の物件か)、十分な収入があるかといった事情が重要なポイントです。

 

ちなみに、夫婦の一方が結婚前から飼っていたペットは、

連れてきた側の特有財産で、個人のものとなります。

 

もう一方が、主に世話をしてかわいがり、ペットがなついている場合でも、

結論は変わらず、離婚時は所有者としてペットを引き取ることが可能です。

 

子どもの親権と同様に、「ペットの立場に立って」、

ペットにとって幸せな環境を冷静に考えていく必要があるでしょう。

出典https://news.livedoor.com/

「犬のお話 」の記事

英エリザベス女王宅に新しい子犬

英国のエリザベス女王が新たに2匹の子犬を迎え入れたと、 英大衆紙サンが3月5日報じた。 夫のフィリッ...

ドッグランでしてはいけないこと4選

春はドッグランを利用者が増える時期です。 トラブルにならないために、ドッグランでしてはいけないことを...
noimage

SFTS その2 (マダニから移るウイルス)

前回のSFTSからの続きです。 ヒトにも感染しますと怖いことを書いてしまいました。 しかし、実際...
noimage

SFTS(マダニから移るウイルス)

さて、SFTSウイルスをご存知でしょうか 2011年に初めて中国で報告されたウイルスです。 ヒト...

離婚夫婦のペット所有権に関する相談を弁護士が解説

弁護士相談に、ペットを夫婦のどちらが引き取るかで争っているという相談が複数寄せられているようです。 ...

犬は飼い主の言葉をどの程度理解している? 脳の測定で検証

犬は自分の言葉を理解してくれていると飼い主さんは思うかもしれませんが、実は単語を正確に聞き取っている...

最新の記事

英エリザベス女王宅に新しい子犬

英国のエリザベス女王が新たに2匹の子犬を迎え入れたと、 英大衆紙サンが3月5日報じた。 夫のフィリッ...

「にゃんたま旅館」ピンチ!保護猫100匹、コロナ禍で餌代が負担に

野良猫の保護活動に取り組む老舗旅館「新玉旅館」が大分県別府市にある。 猫好きの間では「にゃんたま旅...

英官邸猫、ダイエットへ。都市封鎖中に体重増

英首相官邸で「ネズミ捕獲長」を務める 猫のラリーが、ついにおやつを減らされることになった。 コロナウ...

猫が緊張してしまうこと3選

1.爪切り 多くの猫ちゃんは爪切りが好きではありません。 爪切りは定期的にすべき大切なケアなので、 ...

ドッグランでしてはいけないこと4選

春はドッグランを利用者が増える時期です。 トラブルにならないために、ドッグランでしてはいけないことを...

「生まねきねこ」が話題

前脚で手招くポーズが特徴の「招き猫」。 商売繁盛を願うおなじみの置物ですが、 それを具現化した「リア...