ブログ

狂犬病予防接種について

まだまだ寒さがつづいていますね、みなさんいかがお過ごしでしょうかsign02狂犬病1.jpg

本日は狂犬病について書かせて頂きますsun

2013年に台湾で狂犬病がアナグマから見つかったニュースをご存知でしょうかsign02

50年以上狂犬病がなかったとされていた台湾で狂犬病が発生したのですsign03

日本同様に島国である台湾で狂犬病が存在するということは

狂犬病がないといわれている日本もいつ狂犬病の脅威にさらされるかわからないということですwobblysweat01狂犬病2.jpg

その脅威にさらされないためにも日本にいる全飼い犬に対して狂犬病のワクチンをすることが法律で義務づけされていますimpact

2014年3月にアフリカで集団感染の起こったエボラ出血熱で全世界が恐怖におびえましたwobbly
あのエボラ出血熱の致死率は最高で90%と言われていますが、
狂犬病は発症したら犬でも、猫でも、人でも100% 死亡してしまいますsweat01

アフリカ大陸で起こった病気でさえ怖い思いをしているのですから
隣の台湾、中国、韓国、ロシアに存在する狂犬病にたいして対策を義務づけるのは当然なのかもしれませんsign03

狂犬病に関しては予防が出来るということが幸いなところですupup

4月から狂犬病の予防接種のシーズンが来ますflair

室内犬を飼う人がおおくなったために狂犬病の予防率が年々下がっていると言われていますsweat01

室内犬でも例えばペットホテル等に預ける際に、狂犬病やワクチン接種証明書が必要であったり、

もしわんちゃんがだれかを咬んでしまった時に狂犬病の予防接種をしてないと大変面倒な問題になってしまうこともありますbombsweat01

こういった理由も踏まえて、わんちゃんの狂犬病や他の病気のワクチン接種も推奨しておりますhappy01

動物と人との生活をよりよくしていくために、参考にして頂ければ幸いですdogcat

参考記事 産経新聞 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160223-00000095-san-soci


「犬のお話 」の記事

シニア犬のためのバリアフリーは何をすればよいのか?

ワンちゃんにとって居心地の良い環境づくりに役立つ情報を紹介します。 まず、シニアになると、筋力低下や...

"英国で最も危険な植物"に触れた犬 

イギリスで最も危険と恐れられている植物は、 毎年夏が近づいてくると多くの被害者を出している。 こ...

ワクチン副反応で横になっている姿が羨ましいと話題

体調不良の時、誰かそばにいてくれると安心しますよね。 ペットが心配して、飼い主さんに寄り添ってくれる...

まるで生きているみたいな羊毛フェルト

大切なペットとの想い出を写真や動画で撮影するのはもはや当たり前ですが、 なかには羊毛フェルトを使って...

何の動物か判別不能!毛が伸びっぱなしの野良犬を保護

米国でこのほど、全身の毛が伸び放題となった野良犬が保護される出来事があったとCNNが報道した。 連...

ボルボの愛犬用ドッグベッドが話題

世界の自動車メーカーの中で、 いち早くすべての車種の電動化を果たしたのが、 北欧、スウェーデンのボル...

最新の記事

シニア犬のためのバリアフリーは何をすればよいのか?

ワンちゃんにとって居心地の良い環境づくりに役立つ情報を紹介します。 まず、シニアになると、筋力低下や...

年末年始のうさぎホテル

年末年始のうさぎホテルのお知らせです! 2021年12月26日(日)〜2022年1月6日(木)...

大好きなパパの帰宅を待つピューマ、動画サイトで話題

ロシアで暮らすピューマの「メッシ」くんと飼い主さんの動画がユーチューブで話題です。 劣悪な環境の...

ハロウィンコスチューム 「スパイダーニャン」

猫用ハロウィンコスチュームの写真がTwitterで注目を集めています。確かにこのコスチュームは人目を...

吾輩は社猫である 所属は「癒し課」

東京都足立区に、猫を社員として迎えているユニークな会社がある。 同人誌などの印刷を担う「しまや出版」...

"英国で最も危険な植物"に触れた犬 

イギリスで最も危険と恐れられている植物は、 毎年夏が近づいてくると多くの被害者を出している。 こ...